イベント

2018年1年28日(日)宇都宮けんじと希望のまち東京をつくる会 「韓国視察の報告+交流会」

(以下、転送・転載・拡散大歓迎)
──────────────────────────────────────
【要申込】1/28(日)宇都宮けんじと希望のまち東京をつくる会
「韓国視察の報告+交流会」
──────────────────────────────────────
チカラのある市民があたらしい政治をつくる。
キャンドル革命から、大きく民主化がすすむ韓国。市民が直接政治に関与していく新しいカタチの施策も多く視察してきました。改革を進めるために、市民と政治家は、何を求め、手を携えようとしているのか?! 貴重な気づきがありました。
市民派の大統領ムン・ジェイン政権の改革担当主席から、「ソウルでいちばん変わっている」革新的自治区の現場での取り組みまで。韓国最大の市民団体「参与連帯」、旧政権崩壊の引き金となったセオル号被害の抗議行動の裏舞台……。
「市民運動は、日本に学んだ」と韓国の市民運動の誰もが口
にするなか、私たち日本の市民運動は今、韓国にヒントと勇気をもらうことでしょう!
貴重な視察内容を共有する報告会に、ぜひお越しください。お茶を囲んで、なごやかな交流トークでこれからの市民力を考えていきましょう。質疑応答と交流の時間も設けます。
【日時】2018年1月28日(日)18:40開場、19:00〜21:00

2018年1月20日(土) 3.11から7年、放射能のいま, 1・20 映画「NO ノー」上映会 ダニー・ネフセタイ 講演会

NONUKES!
NOWAR! に関わる集会、イベントが最近は北とぴあで開催されることが多くなりました。メトロ、JR王子駅から徒歩1~2分です。

1月20日は2つの興味深いイベント有り。時間差で、両方参加もできそうです。
どうぞ、お出かけください。

☆ 1月20日(土) 13:00~16:00
北とぴあペガサスホール1000円(当日会場で)
3.11から7年、放射能のいま
お話し 小出裕章さん 放射能の問題を自分自身の問題としてどう受け止めたらよいのか。いつも満席でなかなか聴けない小出さんの話を北区で。
申込先 竹内(090-2166-8611 または
qq2g2vdd★vanilla.ocn.ne.jp ←★を@に置きかえてください。

→こちらは、既に満席。以降の申し込みは別室でのモニター視聴となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆1月20日北とぴあ カメリアホール☆
映画「NO ノー」上映会 ダニー・ネフセタイ 講演会

→アベが目論む「憲法改訂」の国民投票に抗する取り組みの1つです。
在日40年の元イスラエル兵士、ダニーさんの講演も貴重な機会。ぜひ^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年1月21日(日), 22日(月) やめろ!都心初のミサイル避難訓練!1/21・22緊急行動

東京の杉原浩司(武器輸出反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

陳腐でありながらも恐ろしい茶番劇の都心での公演が1月22日についに強
行されます。この初訓練が大きな反発を招くのか、あるいはすんなりと受
け止められるのかは、今後の訓練の開催に大きな影響を及ぼすと思います。

ミサイル発射想定の避難訓練 都心で初の実施へ(NHKニュース)
https://www.youtube.com/watch?v=OWhiOD4SjX0

以下の通り、緊急の抗議行動が行われます。ぜひ、ご参加、ご注目ください。
取材も大歓迎です。より多くの方に広めてください。

◆訓練を中止するよう、東京都の担当部署に声を届けてください。
・総務局総合防災部防災管理課 (TEL) 03-5388-2587
・都民の声総合窓口
(FAX) 03-5388-1233
(メールフォーム)
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/iken-sodan/tominnokoe/index.html

-----------------------------

★やめろ!
都心での初のミサイル避難訓練!緊急行動

 ついに日本初の都心での住民を動員したミサイル避難訓練が、1月22日

2018年1月25日(木) 院内集会:脱原発する国、原発にしがみつく国~韓国、イギリス現地調査報告会

(以下、転送・転載・拡散歓迎)
みなさま(拡散歓迎・重複ご容赦)

FoE Japanの満田です。何度も申し訳ありません。
1月9日のイギリス・韓国の調査報告会に関しては、予想以上の反響で、すでに満
席御礼となってしまいました。<(_
_)>

急遽1月25日(木)17時~参議院議員会館にて、1月9日と同様の内容の院内集会
を行うことといたしました。こちら、まだまだ席あります。ぜひご参加ください!

院内集会:脱原発する国、原発にしがみつく国~韓国、イギリス現地調査報告会
http://www.foejapan.org/energy/world/180125.html
日 時    2018年1月25日(木)17:00~19:30  (開場16:30)
会 場    参議院議員会館B105
(東京メトロ 永田町駅 出口1番直結)
資料代    500円
▼以下からお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/ea3a4699136772

★韓国に関しては、原発と果敢にたたかう各地の人々の底力がものす
ごく感動的でもあり、また、ムン・ジェイン下での脱原発への挑戦や課題が興味
深くもあったので、さらに調査を進め現在報告書を作成中です。

2018年1月9日(火) 脱原発する国、原発にしがみつく国〜韓国、イギリス現地調査報告会

【申込】 1/9(火)脱原発する国、原発にしがみつく国〜韓国、イギリス現地調査報告会(表参道駅)
 東京電力福島第一原発事故以降、世界中で脱原発の潮流が生じています。
 東電福島第一原発事故の甚大な被害が世界に伝えられ、原発事故の危険性に対して、各国の脱原発を求める世論が高まりました。
 経済的にも、工期の延長や安全対策コストの追加による建設コストの増大、事故時の莫大な費用や放射性廃棄物の処理費用などを考えれば、原発が決して「安価な」電源ではないことが明らかになってきています。
 そうした中、韓国で圧倒的な民衆の支持をえて当選したムン・ジェイン大統領が、建設中の原発の建設中断、計画中の原発の白紙撤回、設計寿命の延長はしない、脱原発ロードマップを作成する——という方針を打ち出しました。

 韓国で、脱原発は達成できるのでしょうか?
 また、日立製作所の子会社がイギリスで原発事業を計画しています。
 日本の銀行の要求で、日本政府100%出資の日本貿易保険による融資補償がつけられることも報じられています。
 イギリスでは、原発事業はどのように受け止められているのでしょうか?
 FoE Japanの現地調査をもとに、報告会を開催します。

脱原発する国、原発にしがみつく国〜韓国、イギリス現地調査報告会

2017年1月7日(日) 戦争とめよう!安倍9条改憲NO!2018年新春のつどい

みなさま
高田健です。
拡散希望です。
本年もどうぞよろしくお願いします。
新年早々ですが、戦争を止め、安倍改憲を必ず叩き潰すためのスタートの集会です。
会場があふれるほどのご結集をお願いいたします。

▼1月7日(日)14時〜16時半(開場:13:30〜)

戦争とめよう!安倍9条改憲NO!2018年新春のつどい

挨拶:長尾詩子さん(ママの会、弁護士)
ミニトーク:松尾貴史さん(俳優)「いやな空気は読みたくない」
憲法講演:石川健治さん(東京大学・憲法学)「安倍9条改憲の危険性」
連帯挨拶:立憲野党各国会議員
3000万署名リレートーク:首都圏の各市民運動グループから

場所:北とぴあ・さくらホール(東京都北区王子1-11-1  JR王子駅徒歩約2分)
定員:1300名

主催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会

   戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

-----------------------------------------------
許すな!憲法改悪・市民連絡会
高田 健  ←★を@に置きかえてください。
東京都千代田区三崎町2−21−6−301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558

2018年1月9日(火) 読書会「安保法制違憲訴訟を読む」

安保法制違憲訴訟の会事務局 山口です。

年明けの1月9日(火)に下記を行います。

読書会「安保法制違憲訴訟を読む」

18:30から 第1回「安保法制違憲訴訟を読む」
テキスト:訴状・答弁書
テキストのダウンロードは下記で行えます。
http://anpoiken.jp/kokubai/

場所:東京ボランティア・市民活動センター (TVAC) B会議室 (飯田橋)
https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html
※JR飯田橋駅東口を出た方が分かりやすいです。

主催:安保法制違憲訴訟の会
後援:私が東京を変える

参加をご希望される方は、
plaintiff★anpoiken.jp ←★を@に置きかえてください。
まで、メールでお知らせください。
読書会用のメーリングリストを作成します。
読書会については、まず訴状を読んでから、準備書面を読み進めたいと思います。
通常の読書会については、原告が中心になってすすめて、理解がそれなりに進んだと
ころで、代理人弁護士から、お話を伺うということにしたいと考えております。
進め方については、参加者同士で相談しながらと考えておりますが、
山口が毎回パワーポイントを作成して、ある程度の解説をしようと思います。

2018年1月10日(水) 選挙供託金違憲訴訟・第6回裁判

◆選挙供託金違憲訴訟・第6回裁判
【日時】2018年1月10日(水)14:00〜
【場所】東京地方裁判所103法廷(地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ
関駅」A1出口から徒歩1分、有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分)
※入廷前アクションにもご参加下さい。
13:15〜 東京地裁前アピール
13:30〜 入廷行動
14:00〜 開廷 ※直接、東京地裁103号法廷前にお並びください(入廷は先着順
となります)
15:00頃〜 報告会(弁護士会館508号会ABC議室)
【主催】供託金違憲訴訟弁護団
【お問合せ】供託金違憲訴訟を支援する会
Mail:kyoutaku2016★gmail.com ←★を@に置きかえてください。
【WEB】 https://kyoutakukin.jimdo.com/

2017年12月23日(土) グラムシを読む会 12月例会のご案内  

グラムシを読む会 12月例会のご案内   
【日 時】 2017年12月23日(土) PM2:00~5:00
【会 場】 文京区立向丘地域活動センター 3階洋室A
              (東京都文京区向丘1-20-8)
               地図 http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1725
【報告者】 丸山茂樹(ロバアト・オウエン協会理事)
【テーマ】 21世紀の社会変革とグラムシ、ポランニー、朴元淳―陣地戦の着想とグローバル社会的連帯経済の実践
【概 要】  今回の報告は拙著『共生と共歓の世界を創る―社会的連帯経済をめざして』(社会評論社)のエッセンスです。19世紀マルクス主義の思想と運動の中からレーニンやグラムシは20世紀の変革の道を模索して実践しました。20世紀の人々は、レーニンを学びつつ、ソビエト社会主義連邦の70年とその崩壊という劇的な経験を経て、今、21世紀の社会変革の道を求めて試行錯誤していると観るのです。その中からグラムシの陣地戦論・ヘゲモニー論を拡張して、グローバル化した世界の変革を実践しているポランニアンの思想と実践を紹介します。また、グローバル社会的経済フォーラム(GSEF)のリーダーである朴元淳ソウル市長の活動やGSEFの近況についても触れることにします。

2018年1月14日(日) 社会主義理論学会第76回研究会

社会主義理論学会第76回研究会
「民主制の下における社会主義的変革」」
「ポスト・スターリン主義の社会主義について」

日時:2018年1月14日(日)午後2時~5時

会場: 慶応義塾大学・三田キャンパス 研究室棟A会議室
   (JR田町駅、都営地下鉄三田線三田駅下車)
    地図・アクセスhttps://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

<報告>
●紅林進(社会主義理論学会・委員)
「民主制の下における社会主義的変革」
<参考文献>
紅林進著『民主制の下における社会主義的変革』(ロゴス、2017年12月出版)
http://logos-ui.org/book/book-30.html

●国分幸(岐阜経済大学経営学部名誉教授)
「ポスト・スターリン主義の社会主義について」
<参考文献>
国分幸著『マルクスの社会主義と非政治的国家 ~ 一大協同組合から多元的連合社会へ』(ロゴス、2016年12月出版)
http://logos-ui.org/book/book-26.html

参加費:500円(社会主義理論学会の会員は無料)

主催:社会主義理論学会
   http://sost.que.jp/

※社会主義理論学会の会員でない方も、研究者でない方も自由にご参加いただけます。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer