イベント

2024年6月16日(日) 永山則夫が残したもの~死刑と司法を考える~プリズンアカデミーカフェin青猫書房のトーク

6月16日(日)トークのご案内です。
永山則夫が残したもの~死刑と司法を考える~プリズンアカデミーカフェin青猫書房のトークも6月で通算第14回を迎えます。
永山則夫だけでなく少年非行・犯罪の背景には貧困と虐待の被害が指摘され、日本では近年、親ガチャの言葉も生まれています。前回の弁護士による「基礎から学ぶ少年法」に続いて、今回は、「虐待からの自立」をテーマに被虐待当事者をゲストを迎えます。

☆ 6月16日(日)
ゲストは、幼児期から虐待を受けていた2000年生まれの活動者(匿名)さんです。
小さな会場での一人トークで、自らの被虐待・被害体験などを語るのは、辛いことを想いだし負担になるのではと案じましたが、引き受けてくださいました。伴走している人あり。進行役をしてくれます。
どうぞ、貴重なこの機会にぜひ、お出かけください。

ファイル添付は今後の予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月16日(日)13:30~16:00 
永山則夫が残したもの~死刑と司法を考える~
第14回 プリズンアカデミーカフェin赤羽・青猫書房

トーク: 「虐待からの自立 わたしが家や街で見てきたもの、感じてきたこと、そして
、今」
ゲスト:  活動者(匿名)
進行:  任意団体おてんき舎

日時 6月16日(日)13:30~16:00(受付13:00)
会場 青猫書房(東京都北区赤羽2-28-2)電話03-3901-4080
https://aoneko-shobou.jp/
アクセス JR「赤羽駅」北改札東口徒歩10分
     メトロ南北線「赤羽岩淵」駅出口1番徒歩10分
参加費 1000円/25歳までユース割、生活困窮の方、半額
主催・予約 いのちのギャラリー 090-9333-8807(市原)

ゲスト: 活動者(匿名) プロフィ―ル 
2000年生まれ。幼少期から両親による虐待と学校でのいじめを受け、13歳ころから自傷・自殺未遂を繰り返し、14歳の時に家出。児童自立支援施設や自立援助ホームなど公的支援制度から零れ落ち、18歳からホームレス生活・性的搾取をされる。19歳から、人との出会いで回復し続ける中で「これまで自分や仲間たちが生きてきた現実をなかったことにしたくない」と思い至り、顔出ししないアクティビストとして活動。官僚や政治家の元へも足を運び児童虐待や性暴力の現実を伝えるほか、何らかの傷つきのある女性たちにとって安全で安心できる存在になれるように活動している。

進行: 任意団体おてんき舎 
2019年結舎。「社会で子育てを」をモットーに若年層の見守りや伴走を行う。川口市内外において連携する他団体と共に、人と人・人とコミュニティをつなぐお手伝いを継続中。2021年から毎年川口市内で「児童虐待のない社会をめざして」と題した講演会シンポジウムを開催。被虐当事者として上記活動者に3年連続で登壇を依頼。経験談や未来への展望などを発信してもらった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主催者から 
”死刑囚作家”永山則夫は、1949年日本の敗戦後の北海道網走市で生まれました。父の復員兵トラウマ(今で言えばPTSD)による博打、暴力と大家族家庭の崩壊と貧困の中で育ち、母親や兄たちから虐待、暴力、育児放棄を受けた悲惨な成育歴を持ちます。
「第2の永山則夫を出さないでくれ!俺は非人に落ちたが あなた方はまだ人間だ」と訴え続けた永山則夫からの宿題に向き合い、貧困と虐待の連鎖を、今、ここで止めたい!と切に願います。

今回、苦難の日々を自ら語り、社会に問い、傷ついた少女たちの安心できる場所になりたいと仲間たちと共に活動をしている活動者(匿名)さんをゲストに迎えることになりました。進行役は、若年層の伴走をする任意団体おてんき舎です。

ご予約下さい。お待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どうぞ、よろしくお願いします。

2024年5月19日(日) フェミブリッジTeN 文京・豊島

主に文京区、豊島区にお住いの方へのお知らせです。

全国で立ち上がってきたフェミブリッジ「女性の声で政治を変えよう」ですが、新・衆院東京10区(文京区・豊島区)でも第2回目の街頭行動があります。
日時:5月19日(日)12時~13時
場所:礫川公園前(後楽園駅・春日駅)
新10区に関係のある区議会議員と市民のリレートークなど。どなたでも(もちろん男性の方も)参加しやすい、楽しい活動を心がけています。
お気軽にご参加ください。

2024年7月11日(木) 第123回 VIDEO ACT! 上映会 ~子どもたちの目から見た戦争~ 上映作品『ぼくたちは見た ーガザ・サムニ家の子どもたちー』

========================================================
■ 第123回 VIDEO ACT! 上映会 ~子どもたちの目から見た戦争~
上映作品『ぼくたちは見た ーガザ・サムニ家の子どもたちー』
(2011年/86分/監督:古居みずえ)
http://www.videoact.jp
http://videoact.seesaa.net/
===========================================================
■2024年7月11日(木)18時40分より
2023年10月に戦闘が始まってからパレスチナ自治区ガザ。
死者3万4千人以上を超えた今も、イスラエル軍の空爆は続く。
うち、子どもの死者は1万3千人以上といわれています。(2024年5月現在)

今回上映する『ぼくたちは見た ーガザ・サムニ家の子どもたちー』は
2011年に発表された作品です。
現在の状況は、2023年10月から急にはじまったわけではありません。
日本にいる私たちに、何ができるのかを考える機会になることを願い、
本作を上映します。

■上映作品
『ぼくたちは見た ーガザ・サムニ家の子どもたちー』(2011年/86分)

■作品解説

2024年4月7日(日) 東京10区 立憲野党共同街頭宣伝

第4回 東京10区 立憲野党共同街頭宣伝のお知らせ

自民党派閥をめぐる裏金問題は底なしの様相を見せています。そんな中でも24年度予
算は成立し、後半国会では、政治資金規正法改正はもとより、殺傷武器輸出解禁など
軍事力の強化や少子化対策など重要課題が目白押しです。このまま今の与党にこの国
をゆだねていいのでしょうか?
自民党に代わる政権交代を成し遂げるためには野党統一候補が求められています。
前進面は見られつつも未だ野党統一候補が成し遂げられていない中で、立憲野党によ
る共同街頭宣伝を行います。文京区根津交差点(第1回)、白山上交差点(第2回)、
巣鴨駅前(第3回)に次いで、文京区からの利用者も多い、豊島区の大塚駅前で下記
の通り行います。ぜひ文京区と豊島区の市民と野党の多くの参加をお願いします。

日時:2024年4月7日(日)14時〜15時
場所:JR大塚駅南口
内容:文京区、豊島区に関わる、衆議院議員、都議会議員、区議会議員、市民のスピ
—チ。チラシ配布など。 
   どなたでも参加できます。終了後、市民の会議があります。こちらにもどうぞ
ご参加ください。
主催:TENネットワーク文京・豊島
連絡先:文京区 田辺文江 090-5815-7005   豊島区 吉田雅明090-1663-4538

2024年4月21日(日) いのちのギャラリー通信 基礎から学ぶ少年法

いつも永山則夫と永山則夫が残したものに関心を寄せ、ご支援とご参加、ありがとうございます。
4月21日(日曜)のご案内をお送りします。今回が、死刑と司法を考える~プリズンアカデミーカフェ2024年としては最初になります。(2月は千葉県柏へ永山の遺品見学のため番外編としました)ご都合がつきましたら、ぜひ、ご参加ください。

アメリカ大リーグの大谷選手の通訳水原一平さんの違法賭博問題で思い出された方もあるでしょうか? ギャンブル依存症が本人だけでなく周りの人、家族に特に子どもにどんな影響を及ぼすか。永山則夫の父親は則夫の幼児期に賭博にはまり込みました。父は戦争から戻ってからアルコールを飲むようになり、博打にのめり込み、借金を作って蒸発。8人の大家族を抱えた母親は耐え切れず、則夫達4人を冬を迎える網走に置き去りにして青森に帰り、長女は精神を病み入院。則夫5歳のことです。のちに「なぜかアバシリ」「捨て子ごっこ」となずけた小説の原点となりました。

4月は、子どもの視点から子どもを守り、自立支援活動をしている弁護士さんからお話を聞きます。

いのちのギャラリー主催 永山則夫が残したもの

死刑と司法を考える~第13回プリズンアカデミー・カフェin赤羽・青猫書房

テーマ:基礎から学ぶ少年法

ゲスト:大倉浩さん(弁護士。元埼玉弁護士会会長。子どもシェルター「ピッピ」理事長。

日時 4月21日(日)13:30~16:00(受付13:00)

会場:青猫書房(東京都北区赤羽2-28-2)電話03-3901-4080

アクセス  JR「赤羽駅」北改札東口徒歩10分。メトロ南北線「赤羽岩淵」駅出口1番徒歩10分

参加費: 1000円/25歳までユース割、生活困窮の方、半額

主催・予約: いのちのギャラリー 090-9333-8807(市原)

ご予約お待ちしています。
2024年3月26日
いのちのギャラリー

今後の予定

☆プリズンアカデミー・カフェ2024年の予定

2024年5月9日(木) 第122回 VIDEO ACT! 上映会 ~仮設住宅で見つめる自己~ 上映作品『風に立つ愛子さん』

5月9日(木)に開催します、
第122回 VIDEO ACT! 上映会 ~仮設住宅で見つめる自己~
上映作品『風に立つ愛子さん』のご案内です。

========================================================
■ 第122回 VIDEO ACT! 上映会 ~仮設住宅で見つめる自己~
上映作品『風に立つ愛子さん』
(2023年/75分/監督:藤川佳三)
http://www.videoact.jp
http://videoact.seesaa.net/
===========================================================
■2024年5月9日(木)18時40分より
東日本大震災で被災した石巻市の女性。
避難当時69歳だった愛子さんは、避難所で「愛ちゃん」の呼び名で慕われた。
明るいキャラクターで周りを笑顔にした愛子さんは仮設住宅での1人暮らしになった時、自分の思い出を語り始めた。

■上映作品
『風に立つ愛子さん』(2023年/75分)

■作品解説
津波に遭っても、私は私自身でありたい。

2011年東日本大震災の時、石巻市の避難所で出会った村上愛子さんと監督との8年間の記録。
当時69歳、明るいキャラクターで慕われた愛子さんだが、やがて仮設住宅で一人暮らしとなった時、自身の思い出を語り始める。
高校に進学せず、結婚も選ばず、紆余曲折の人生を送った彼女が残したメッセージとは?
北上川の風景をみながら綴っていく追憶のポエトリー。

■スタッフ
監督・撮影:藤川佳三
出演:村上愛子
編集:大重裕二/実景撮影: 田中創/整音: 黄永昌/音楽:植田智道/ナレーション: 片山享/製作:I N &O U T

■予告篇
https://youtu.be/gVyNfrrvvv8?si=iZ1Ji6HhVuRQY9VN

■日時
2024年5月9日(木)
18時15分/開場 18時40分/開始
上映後、監督の藤川佳三さんを迎え、トーク&ディスカッション有。

■上映会場
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1
JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分

■参加費
500円(介助者は無料/予約不要)

■上映会告知ブログ
http://videoact.seesaa.net/article/502499766.html

■問合せ:ビデオアクト上映プロジェクト
Eメール:jyouei★videoact.jp ←★を@に置きかえてください。

2024年3月20日(水) フェミブリッジ@TeNネットワーク

「女性の声で政治を変えよう」というアクションのお知らせです。

2015年「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」が立ちあがり、その後
全国に、市民と野党の共闘に取り組む市民組織ができました。
そこで活動してきた女性メンバーが「フェミブリッジ・アクション」という新たな活
動を23年9月からスタートさせました。
「フェミブリッジ」とは「女性=フェミニストの架け橋」という意味をあらわす造語
で、女性たちがつながって、女性の声で政治を変えようという思いが込められていま
す。

このたび、新・衆議院東京10区(豊島区・文京区)でも「フェミブリッジ@TeNネッ
トワーク」を開催します。
日時:3月20日(休・水)12時〜13時
場所:JR大塚駅南口
オールジェンダー、どなたでも、もちろん地区に関係なく、参加できます。お気軽に
のぞきに来てください。

各地で開催されています。お近くの集会を探してみてください。
https://shiminrengo.com/wp/wp-content/uploads/2024/03/c8e83be4e77503c81e...
fb6cd41625.pdf
昨年9月第1回のフェミブリッジ・ウィークの報告動画(30秒)はこちらです。https:
//shiminrengo.com/archives/7136

私も初めての参加ですが、女性、若い方、お子さん連れなどが参加しやすい、楽しい
雰囲気の集会と聞いているので楽しみにしています。
*尚、この日は「さようなら原発@代々木公園」もありますので、そちらにもぜひ。
http://sayonara-nukes.org/

☆いのちのギャラリー通信。ご案内・3月14日「永山則夫とアバシリ」4月21日「少年法」

市原みちえです。
お元気ですか?

永山則夫と永山則夫が残したものに関心を寄せ、ご支援、ご協力をありがとうございます。
新年早々、昨年6月と9月に続き、1月9日から13日、永山の生まれ故郷北海道網走市訪問しました。今回は千葉県柏市の永山の遺品保管所の様子と合わせてNHKTVに収録され、北海道では2月2日放送されました。全国からもNHKプラスでネット配信されご覧くださった方もあるかと思いますが、配信期限が過ぎてしまいました。総合TVでの全国放送を求める働きかけもしていますが、録画のDVDを見て頂くことも始めています。

番組は「死刑囚作家永山則夫のアバシリ」NHK札幌放送局制作の 「北海道道」という番組の中で 25分の特集。初回放送2月2日(金)午後7時30分~、再放送2月10日(土)9時~。永山を知らない世代の手で企画制作された2作目(初回は昨年11月放送。9分のニュースリポート「永山則夫のアバシリ」)。好評だったようです。個人的には、私がかなり登場するので大変恥ずかしいですが、貧困や虐待の連鎖を断ち、自立と解放、小説に託した思いなど、今にこそ活かして欲しいテーマをコンパクトにまとめた作品とも思います。永山則夫がなぜアバシリにこだわり、小説に描き続けたのか。昨年の6月の網走初訪問以降、永山則夫のアバシリを辿る旅には、次々と不思議なことが起こりました。永山則夫さんに手を引かれて後ろを押してもらった感覚がありました。「見てきて欲しいんだ。話を聴いてきて。調べてきて欲しいんだ…」。映像や写真を見て話をすることで記憶が喚起されることがあるようで、小さいとき永山と遊んだことを思い出した人とも会えました。特に今年1月の訪問では、奇跡?としか思えないことも起こり。一部が放送されました。まだその余韻が続いているようです。

①3月14日、以下の企画でTV録画の視聴と報告をいたします。
②4月21日、死刑と司法を考える~プリズンアカデミー・カフェin赤羽・青猫書房
「基礎から学ぶ少年法」ゲスト:大倉浩さん
ご都合がつきましたら、どうぞ、お出かけください。 

 
~永山則夫の原点をたどる旅~
   “死刑囚作家”永山則夫のアバシリ  
http://www.labornetjp.org/EventItem/1708698977116staff01
3月14日14:00~16:00  DVD視聴と報告の集い   参加費1000円
視聴DVD「死刑囚作家永山則夫のアバシリ」(25分)
「永山則夫のアバシリ」(9分)
報告   市原みちえ(永山則夫の最後の面会者)
会場 あめにてぃcafe 梨の木舎 03-6256-9517 JR水道橋駅東口徒歩5分
〒101-0061千代田区神田三崎町2-2-12 エコービル1階
https://amenitycafe.nashinoki-sha.com/index.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いのちのギャラリー主催 永山則夫が残したもの
死刑と司法を考える~第13回プリズンアカデミー・カフェin赤羽・青猫書房

http://www.labornetjp.org/EventItem/1709466925914staff01
テーマ:基礎から学ぶ少年法
ゲスト:大倉浩さん(弁護士。元埼玉弁護士会会長。子どもシェルター「ピッピ」理事長。

日時:2024年4月21日(日)17:30~19:30(受付17:00~)時間が変更になりました
会場:青猫書房(東京都北区赤羽2-28-2)電話03-3901-4080
アクセス JR「赤羽駅」北改札東口徒歩10分。メトロ南北線「赤羽岩淵」駅出口1番徒歩10分
参加費: 1000円/25歳までユース割、生活困窮の方、半額
主催・予約: いのちのギャラリー 090-9333-8807(市原)

ファイルはチラシです。良かったら拡散ください。

よろしくお願いします。

寒暖差が激しいです。
くれぐれもご自愛ください。

2024年3月5日
市原みちえ

2024年3月2日(土) 谷中で戦争を語りつぐ会〜1945年3月4日を忘れない〜

・—————————————————・
   谷中で戦争を語りつぐ会
  〜1945年3月4日を忘れない〜
   3月2日(土)15時〜17時
「谷中の家」(台東区谷中3−17−11)にて
・—————————————————・

今年も谷中に空襲があった3月4日が近づいてまいりました。
この出来事を記憶にとどめて戦争体験を語りつぐ会を毎年谷中で続けていましたが
2020年よりお休みしておりました。
今年は久しぶりに再開いたします。2日繰り上げて、
2日の土曜日に下記のとおり開催いたします。

◇日時:2024年3月2日(土)15:00〜17:00

昭和20年3月4日午前8時40分頃、小雪降る中、谷中・千駄木地区は
B29爆撃機の空襲を受けました。死傷者約500人、全半壊家屋約200戸の
被害をこうむったと伝えられています。犠牲になった方たちの供養に
「三四真地蔵」「十四地蔵」「平和地蔵」が町内で建立され、
79年目となる今も献花が絶えません。
当時被災された方々はご高齢となり、
お話をじかにうかがう機会が少なくなってきていますが、
これからは父母や祖父母など家族からきいた話を語り伝えていくことも
ますます大事になってきていると思います。
土曜日の午後のひととき、お時間がありましたらぜひお立ち寄りください。

【おもなプログラム】
◎戦争体験のお話 竹田靖子さん
竹田靖子さんの生家は、靖国神社近く、靖国通りの写真館。
出征兵士の写真も撮っていたと聞いています。
疎開経験や、5月24日、25日の山の手大空襲のお話を聞きます。
戦後は写真館を続けてこられた竹田さんが、今、伝えたいこととは。

◎疎開児童の映像(動画) 発見
疎開先の福島県の旅館で発見された谷中小学校の児童たちと思われる動画フィルム。
学習院大学1年の佐藤さんが解説します。

◎戦争体験を記録する意味とは
立教大学大学院特任教授の宮本聖二さんが語ります。
その後、参加者で意見交換、情報交換を行います。

◇会場:谷中の家(台東区谷中3-17-11)
    メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
    よみせ通り、 延命地蔵を東へ谷川文具店角を入る、
    2筋目の中華・華を南(右)へ入って東(左)側。
    築65年の木造耐震補強中古民家。目印は格子戸。
◇参加費:300円(高校生以下は無料)
◇定員:約30名
◇問い合わせ:メール nishikawa★kj-web.or.jp ←★を@に置きかえてください。
電話 090-9492-0075 (西川)
◇主催:谷中で戦争を語りつぐ会実行委員会

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer