イベント

2021年8月7日(土) 第8回希望連帯日韓市民交流講座~チョ・ソンジュパート2「東アジアで民主政権の継続を~ポスト文在寅の労働・福祉政策」

【第8回希望連帯日韓市民交流講座~チョ・ソンジュパート2】
「東アジアで民主政権の継続を~ポスト文在寅の労働・福祉政策」

  大統領選挙まであと10か月となった韓国では、与野党などの立候補予定者
 の動きが活発になっています。また、ムン政権の評価もさまざま出ています。
  6月開催の第7回講座で、チョ・ソンジュさんから「分断国家の政治・労働・世代」
 と題して報告していただきましたが、最後に「①労働市場二重構造の解決、
 ②住居、老後、生活で不安のない福祉国家を、③増税政策の必要性、
 ④80年代式の対立政治の克服」が最後に提案されました。
  今回の講座では、この提案を受けて、相互の意見交換を中心に進めることにしました。

 <日時> 8月7日(土)午後7時~9時(6時50分から入室可能)
 <開催> ZOOMによるオンライン講座

 <発言者>
  ①チョ・ソンジュ「ムン・ジェイン後の民主政権で何をめざすのか」
    政治発電所代表、京畿道労働政策諮問委員、大統領直属経済社会労働委青年分科会    
  ②チョン・へウォン記者「市民メディアから」
   <販売第1位有料時事週刊誌シサ(プレビュー)IN>
  ③「二人の話しを聞いて」希望連帯スタッフ

2021年7月21日(水) 変えよう選挙制度の会7月例会「東京都議選の結果の分析と課題」報告

変えよう選挙制度の会7月例会「東京都議選の結果の分析と課題」報告

 七月二一日に東京ボランティア・市民活動センターの会場とオンラインで開催。会場参加は十名、オンライン参加は九名。報告者は田中久雄当会代表。司会は当会の紅林進。
 田中氏の報告では、今回の都議選の一般的評価として、①史上二番目の低投票率、②「勝者なき都議選」、③事前予想に反して自公で過半数獲得できず、④公明は苦戦を予想されたが、今回も全員当選、⑥都民ファーストの会の予想外の善戦、⑦立憲民主と共産の定数三人以下の選挙区での選挙協力(しかし一部は協力不成立)にもかかわらず、全体では事前予想を下回った、を挙げた。
 なお選挙区定数は、一人区が千代田区など七選挙区、二人区が文京区など十五選挙区、三人区が目黒区など七選挙区、四人区が品川区など五選挙区、六人区が足立区と杉並区、七人区が、大田区と練馬区、八人区が世田谷区、というように一人区から八人区まである。その中では、人口が少ない選挙区よりも人口の多い選挙区の方が定数が少ない「逆転現象」も見られる。これらを是正するため、共産党と生活者ネットが「五増五減」を提案したが、都民ファースト、自民、公明が提案した「一増一減」の定数是正に終わった。
 次に各政党の選挙公約を比較した。(各党、コロナ対策など、様々な政策を掲げるが紙幅の関係で省略)(注)参照

2021年7月27日(火) たんぽぽ舎講座 「廃止をめざして! 土地規制法とはなんだ?」

2021/07/27 たんぽぽ舎講座 「廃止をめざして! 土地規制法とはなんだ?」

たんぽぽ舎講座
「廃止をめざして! 学ぼう 土地規制法とはなんだ?」

・7月27日(火)18:30~21:00 受付18:00~
・講師 馬奈木厳太郎(まなぎいずたろう)さん 弁護士
 (参議院内閣委員会参考人・福島原発事故生業訴訟弁護団・映画「ちむぐりさ」製作協力「わたしは分断を許さない」(堀潤監督、2020年)プロデューサーなど)
・特別報告 湯本雅典さん (元公立学校教員、沖縄現地で取材映画製作)

・会場 スペースたんぽぽ(たんぽぽ舎内)
 住所 101-0061 千代田区神田三崎町3丁目1-1  高橋セーフビル1階 
    たんぽぽ舎
  アクセス JR「水道橋」西口5分  地下鉄「神保町」出口A2番 
https://www.tanpoposya.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/
  電話 03-3238‐9035 FAX 03-3238‐0797  
  メール  nonukes★tanpoposya.net ←★を@に置きかえてください。
・予約制 参加費 800円
・主催 たんぽぽ舎
https://www.tanpoposya.com/

2021年7月25日(日) 社会主義理論学会第87回研究会

社会主義理論学会第87回研究会のご案内

日時:2021年7月25日(日)午後2時~5時

※オンライン(zoom)のみで開催。会場開催はなし。
 zoom のURLは申込者に後日連絡します。

<報告>
大西広(慶應義塾大学教授)
「中国市場資本主義の現状をどう評価するか――中間層と階級問題、ナショナリズムと民族問題にも触れて――」

<コメント>
境毅(ルネサンス研究所関西)、瀬戸宏(摂南大学名誉教授)、山本恒人(大阪経済大学名誉教授)

参加費:無料

申込先:社会主義理論学会申込専用メール
socialismtheory●yahoo.co.jp(●を@に変えてください)
上記申込専用メール宛に、氏名、会員・非会員の別を記してメールで申し込んでください。
zoom のURLは参加確定者に後日連絡します。
締切:2021年07月23日(金)

主催:社会主義理論学会
http://sost.que.jp/

共催 ルネサンス研究所・関西
https://www.runekenkansai.com/

2021年7月20日(火) ニカラグア最新情勢オンライン講演会

ニカラグア最新情勢オンライン講演会のご案内

下記の通り、講演会を開催いたします。
期日:2021年7月20日(火) 午後2時〜午後4時(若干の延長もあります)
言語:スペイン語、西日同時通訳付き
講演者:クラウディア・ペレス、在日ニカラグア臨時代理大使
テーマ:ニカラグア最新事情
定員:100名、先着順
参加費:無料
開会あいさつ:鈴木頌北海道AALA副理事長
講演:午後2時10分〜3時10分
休憩:3時10分〜3時15分
質疑応答:3時15分〜4時頃まで
閉会あいさつ:吉原功明治学院大学名誉教授
キューバ研究室・ニカラグア大使館共催
参加ご希望の方は、下記当てお申込みください。参加URL、コードをお送りします。
sindo★nifty.com ←★を@に置きかえてください。

2021年7月28日(水) ベネズエラ最新情勢オンライン講演会

ベネズエラ最新情勢オンライン講演会のご案内

ベネズエラ・ボリーバル共和国メルビン・マルドナード青年・スポーツ相の日本公式訪問を記念して、チャベス大統領の生誕日に下記の通り、オンライン講演会を開催します。奮ってご参加ください。

期日:7月28日水曜日
時間:午後3時〜午後5時
言語:スペイン語(西日通訳付き)
講師:メルビン・マルドナード青年・スポーツ相
テーマ:ベネズエラ最新事情
定員:100名、先着順
参加費:無料
開会あいさつ:西谷修立教大学大学院文学研究科(比較文明学専攻)特任教授
イシカワ・セイコウ、ベネズエラ大使
講演:午後3時20分〜4時20分
休憩:4時20分〜4時25分
質疑応答:4時25分〜5時頃まで
閉会あいさつ:吉原功明治学院大学名誉教授
共催:ベネズエラの主権を擁護する有識者の会、在日ベネズエラ・ボリーバル共和国大使館
参加ご希望の方は、下記当てお申込みください。参加URL、コードをお送りします。
sindo★nifty.com ←★を@に置きかえてください。

新藤
Sindo
sindo★nifty.com ←★を@に置きかえてください。

2021年8月8日(日) 飛び降りちゃった尾崎豊 反戦・反核の思い アトミック・カフェ主催者37年目の証言

NONUKES! イベント案内 2021年8月8日(日)       予約制 定員の1/3で開催

     飛び降りちゃった 尾崎豊  

             ~反戦・反核の思いとは?~

         伝説のアトミック・カフェin日比谷野外音楽堂

     主催者大久保青志さん 37年目の証言

日時:2021年8月8日(日)14:00~16:00 受付13:30~

会場:台東区立台東区民会館 第2会議室 〒111-0033 台東区花川戸2丁目6番5号 8階

https://www.city.taito.lg.jp/kusei/shisetsu/hall/kuminkan/riyouannai.html

(都立産業貿易センター台東館併設)03-3843-5391,03-3843-5392

 交通 東武線浅草駅正面改札口5分メトロ銀座線浅草駅 7番出口5分都営浅草線浅草駅 A4出口8分

お話:大久保青志さん     公開: 尾崎豊ケガ休養中のインタビュー記録など

(アトミック・カフェ主催、内田裕也マネージャー、さようなら原発1000万集会運営、元都議会議員、土井たか子、保坂展人等秘書。著書「デモもフェスも進化させる~音楽に政治を持ち込むなってなんだ?!~」(2021年4月25日出版))https://www.eastpress.co.jp/goods/detail/9784781619675

参加: 1000円  予約制:090-9399-3941(松代)090-9333-8807(市原)

コロナ下で街の路地に飢えた人々が増え続ける中で、GOTO五輪?!

NONUKES!広島・長崎週間の昼下がり、五輪観光スポット浅草で尾崎を語る!

 1984年8月4日東京日比谷野外音楽堂で開催されたミュージックフェスティバル「アトミック・カフェ」の主催者が、今年4月25日(尾崎の命日)初めての著書を出版。その中に衝撃の尾崎豊のインタビューが紹介された。37年目の8月8日、その主催者であり、著者本人から話を聞き、観ます。

 尾崎豊と言えば、1980年代、強制・支配からの解放の先駆者として10代の子どもたちに支持され、大きな影響を与えたミュージシャン。その後メディアが薬物中毒事件でバッシングの嵐を浴びせても若者の支持は不変だった。

 尾崎(19歳)はこのフェスにぜひ出演したくて曲を作った。それが「CORE(核)」。その中の一節に「反戦・反核 いったい 何ができるというの  小さな叫びが聞こえないこの街で・・」と歌っている。

デビュー1年経たない尾崎を一躍有名にした日比谷野音での7m下のステージへの飛び降りと、左足を骨折しながら4曲を歌い切った伝説のステージ。動画の一部が残されている。

 大久保さんは、8月の広島DAYにこだわり、浜田省吾、加藤登紀子、尾崎らの賛同出演で第1回アトミックカフェを主催していた。その後、ケガ療養中の尾崎にインタビュー。質問に一語一語真剣に語ってくれた1時間余。初めて男が男に惚れたと感じたという。尾崎豊の「原点」とは?!尾崎少年は、なぜ繰り返し「抱きしめて」「愛してる」「自由を」「平和を」と書き歌ったのか? 何を求め、問い続けたのか?

尾崎豊は炭鉱のカナリアだったのか・・   

主催:  悼む!尾崎豊 有志の会   連絡先・予約: 090-9399-3941(松代)090-9333-8807(市原)

2021年7月12日(月) 新型コロナ災害緊急アクション活動報告会と各政党との討論集会

7/12(月) 新型コロナ災害緊急アクション活動報告会と各政党との討論集会(衆議院第一議員会館)

「コロナと貧困に殺される。 政治は,いますぐ公的責任を果たせ!」
新型コロナ災害緊急アクション活動報告会と各政党との討論集会

私たちが主催した大人食堂の翌日の5月6日、繕い東京ファンドの稲葉剛さんが参議院の厚労委員会で参考人として以下のように発言しました。

「『自助も共助も限界だ』、『今こそ、公助の出番だ』と、私たちはこの一年間、叫び続けてきました。しかし、生活困窮者支援の現場では、依然として『公助』の姿が見えません。政府は一体、どこにあるのでしょうか。この国に政府が存在しているということが、現場からは見えないのです。いま、この瞬間、家を追い出されて、路上に追いやられる若者がいます。いま、この瞬間、おなかをすかしている子どもがいます。その子どものために炊き出しに並ぶ親御さんがいます。そしていま、いのちを絶つことを考えている大勢の人たちがいます。その人たちに向けて、『日本には、政府がある。人々のいのちと暮らしを守る政府がある』ということを行動で示してください。

2021年7月21日(水) 変えよう選挙制度の会・7月例会

【要申込】変えよう選挙制度の会・7月例会(会場&ZOOM)のご案内

日時:7月21日(水)18:00~19:50
      ※通常と時間が変更になっておりますので、ご注意ください。

会場:東京ボランティア・市民活動センター 会議室B
   飯田橋駅下車、セントラルプラザ10階
   アクセス https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html

参加費:500円(会場参加・資料代)
    オンライン(zoom)参加の場合は無料

テーマ:「今回の都議選の選挙結果の分析と課題について」

報告者:田中久雄(当会代表)
       報告後、参加者の皆さんと質疑応答、意見交換をします。

<申込>
 ●会場参加(先着15名)
   メールで下記アドレス宛にお名前、ご連絡先をお知らせください。
      think.elesys★gmail.com ←★を@に置きかえてください。
   申込締め切り:7/20 17:00
 ●オンライン(zoom)参加(定員はありません)) 
   下記フォームからお申し込みください。
      https://forms.gle/ssUoLnacRBPWLCEN6

チラシ画像

2021年7月24日(土) とりプロ(公正・平等な選挙改革にとりくむプロジェクト) オンライン座談会#6 「衆議院議員選挙に比例代表制を」

【衆議院議員選挙に比例代表制を】

とりプロオンラインイベント第6弾!

今回はとりプロ立ち上げ当初よりご協力いただいており
選挙市民審議会でも活躍された弁護士の山口真美さんをゲストにお迎えして
衆議院議員選挙の仕組みについて共に考えていきます。

現行では小選挙区と11ブロックに分かれた拘束名簿式比例代表の並立制。
これを20ブロック程度の非拘束名簿式比例代表制一本に変えていくことができないか、議論を深めます。

投票価値の平等性を担保し、死票を減少させ、政党支持率と議席配分に差異が生まれないような仕組みをつくり出したいものです。
共に考えていきましょう!

更に、今回は同じく選挙市民審議会委員であられた、
九州大学大学院法学研究院教授の岡﨑晴輝さんと、
元総務省官僚で「変えよう選挙制度」の会代表の田中久雄さんにも
ミニパネルディスカッション的に議論に加わっていただきます。

豪華な第6弾イベントをお楽しみに!

↓↓↓とりプロの課題意識はこちらから↓↓↓
とりプロが提案する「新市民選挙法」〜その11:衆議院議員選挙
https://www.youtube.com/watch?v=L8SK8EXHNtY

【とりプロとは】

わたしたちとりプロ(公正・平等な選挙改革にとりくむプロジェクト)は

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer