イベント

6/30 オキュパイ・大飯、1万人集結!

6月30日、おおい町テント村の人口を1万人にする!!

制御棒が抜かれると報道されている7月1日を前に、多くの人がおおい町に結集しましょう。
すでに、全国からの若者が、続々とテント村に集まっています。
30日より居残りでテント村に泊まって下さる方も歓迎します。

●STOP原発再稼働!6・30おおい集会13時~15時
●集会後デモ
●テント村音楽ライブイベント

東京発のバスツアーの案内もあります。費用1万円(バス費用+宿泊費)
詳しくは次のURLから。
http://www.nihon.jpn.org/ooi/

6月24日の千葉県舩橋市のデモ

野田首相の地元、千葉県船橋市での6月24日の大飯原発再稼働反対デモの
様子が東京新聞の一面を飾りました。
WEB版の記事は次の通りです。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012062590070259.html

6月29日(金) 首相官邸前 大飯原発再稼働反対行動 紫陽花革命

毎週、金曜日の夕方に首相官邸前で、大飯原発再稼働
反対行動が行われています。
始めは300人程度でしたが、回を追うごとに、口コミや
twitter, facebookなどで広がり参加者が急増しています。

参加者が始めて1万人を突破した6月15日の反対行動の
次の動画は、途中で撮影している女の子が人数の多さに
感極まって泣き始めてしまいます。

前回の6月22日は、主催者発表で45,000人でした。
(警察発表11,000人)
次の動画は19時頃の撮影ですが、20時には、警察は道路
の2車線を解放し、ここも人で埋め尽くされました。

次回は6月29日(金)18:00〜20:00 です。
官邸前の大飯原発再稼働反対行動、ぜひ皆さん参加して
みてください。

誰が名付けたか、官邸前の大飯原発再稼働反対行動は
紫陽花(あじさい)革命と呼ばれています。
紫陽花は小さい花が沢山集まって、大きな花になる。
そんな意味を込めているのだそうです。

きっと歴史の転換点に居合わせたような気持ちになります。
私は先週の参加ですっかりスイッチが入ってしまいました。
まだ、メディアはこの反対行動を申し訳程度にしか取り上げて
いません。(なんとNHKは完全に無視!)
ぜひ、官邸前に行って、自分の目で見て、自分の耳で聴いて
感じ取ってみてください。
思いを同じくする人人人が、これだけ集まって、一緒に声を
上げている現実を体験すると、政府の再稼働反対の方針も
きっと変えられるゾと感じます。
抗議行動の参加者が、10万人を超えたら、首相も国会も
無視できなくなります。

詳しくは[こちら]をご覧ください。
また、お知り合いにも、ぜひともこの反対行動の拡散を
お願いします。

「原発」都民投票ひがしについての今後の話し合い:速報

本日、光源寺で「原発」都民投票ひがしについての今後の話し合いを
行いました。

前半は、「原発」都民投票の請求代表の鳥羽さんより今回の採決に
関する報告、佐藤さんから今後の国民投票の動きなどについてのお話し
や、質疑応答を行いました。

後半は、今後、このグループをどうしていきたいかという点について
意見を交わし、次のような点で参加者全員の意見の一致を見ました。

これまで「原発」都民投票をめざして活動を行ってきましたが、残念
ながら都議会で否決という結果になりました。
今後は環境のことを考える地域グループという理念を掲げ、緊急の課題
として脱原発・放射能のことを扱っていくこととなりました。
グループの名称は「地域から未来をつくる・ひがし広場
(略称:ひがし広場)となりました。
また、メーリングリストについては、現在のメーリングリストを継続
して利用します。

次回、7月8日(日) 11:50〜谷中の家にて、今までの活動を反省する会を
行う予定です。

5月21日 葛飾の学習会報告

5月21日に金町地区センターで学習会を開きました。
「50人も集まってくれれば、ありがたいけど」と心配していたのですが、なんと、154人もの人が参加してくれました。
http://rpkatushika.blog.fc2.com/

講演の内容は、今回の原発事故による放射性物質の拡散の特徴など基本的なことと、葛飾の汚染状況に応じた環境対策のポイント、ということに絞りました。
私が一番今後に向けてのヒントになったと思うのは、「汚染度の高いところから優先的に除染すること。そうすれば、風に吹き上げられたり雨に流されたりして再び拡散することが防げることで、地域全体としての汚染度も下げられる」ということでした。
「除染の基準」をめぐって、当局と不毛な論争をして無駄な時間を使わずに、効果的に環境を守ろうということです。(もちろん、その一方で、「基準」を法律に基づいたものに戻させる要求もします。)
あと、被災地ガレキ引き受けについては、葛飾の実態から見れば、葛飾の地域内のごみを焼却することがすでに放射能の問題を抱えるわけですから、ごみ焼却場の設備の点検が必要だ、というアドバイスでした。フィルターと、放射性物質や他の有害物質の揮発・蒸発を防ぐための「減温塔」の確認、ということでした。

6月3日!げんぱつ?YES/NOパレード動画 続報

6月3日!げんぱつ?YES/NOパレードの動画続々と公開されています。

詳しくは次の[ブログ記事]をご覧ください。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer