ニュース

2020年4月10日 厚生労働省:N95 マスクの例外的取扱いについて

厚生労働省より、医療機関向けにN95マスクの扱いに関する通知がありました。
N95マスクの入手が困難となり、使い捨て利用が難しくなっている医療現場を受けての通知です。

・厚生労働省:N95 マスクの例外的取扱いについて
https://www.mhlw.go.jp/content/000621007.pdf

N95マスクの再利用法として、新型コロナウイルスはプラスチック、ステンレス、紙の上では72時間しか生存できないことから、1人5枚のN95マスクを配布し、5日間のサイクルで毎日取り替える再利用法を紹介しています。
マスク不足の今、これは民間でも利用できる方法かもしれません。

令和2年4月11日 東京都新型コロナウイルス感染症最新情報 ~小池知事から都民の皆様~ <ダイジェスト>

https://youtu.be/yfOWvW-YfsY

これまでの東京都から発信された動画のダイジェストで要点がまとまっています。

2020年4月11日(土) 新型コロナウイルス感染者数推移

2020年4月11日(土) 新型コロナウイルス感染者数推移

上記グラフの元データは朝日新聞DEGITALの毎日正午時点の集計値を使っています。

このデータによると、3月28日(土)〜4月3日(金)の都内新規感染者の増加率は120%前後であったのに対して、4月4日(土)〜4月11日(土)にかけての増加率は約110%に下がっています。
新型コロナウイルスの潜伏期間は約2週間と言われていますが、2週間前に何があったかというと、5輪の延期を決定したのが3月24日(火)、3月25日(水)には小池都知事による週末の外出自粛の要請がありました。データの上からは、この外出自粛は一定の効果があったと言えますが、まだまだ感染を抑え込むレベルには至っていません。

このまま、日々110%の割合で都内の新規感染者が増加すると仮定すると、この先1ヶ月の推移は次のグラフの青のカーブになります。1ヶ月後の5月10日には一日3000名の新規感染者に迫ります。緊急事態宣言から2週間後の4月22日以降に新規感染者の割合が90%に転じたとすると、赤のカーブを辿り1ヶ月後の5月10日の感染者は81名となります。

・朝日新聞DEGITAL:新型コロナウイルス感染者数の推移
https://www.asahi.com/special/corona/

・東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp

・日本経済新聞:チャートで見る新型コロナウイルス感染
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/

・日テレ:データとグラフで見る新型コロナウイルス
https://www.news24.jp/archives/corona_map/index2.html

・毎日新聞:新型コロナウイルス国内感染の状況
https://mainichi.jp/covid19

・東洋経済:新型コロナウイルス 国内感染の状況
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

・札幌医科大学:人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移【国別】
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/

3:07 / 32:04 前川喜平さんにきく 「緊急事態宣言下の学校と政治」 前編 - 山岡淳一郎のニッポンの崖っぷち 第6回

https://youtu.be/p9LIFLOCjJc

山岡淳一郎がゆく「ニッポンの崖っぷち」第六回。元文部科学事務次官・現代教育行政研究会代表の前川喜平さんと、緊急事態宣言下の学校と政治について語り合います。全国一斉休校の混乱、開校時期のずれと不平不満。安倍政権の国家主義的体質が教育に落とす影。難局のいま、学びの場に本当に必要なものは何か。ご覧ください。

外務省が日本のコロナ政策への批判チェックに24億円! 厚労省でも同様の予算…国民の生活補償より情報操作に金かける安倍政権

外務省で情報操作に24億円の予算が計上されているのが話題となっています。

・外務省が日本のコロナ政策への批判チェックに24億円! 厚労省でも同様の予算…国民の生活補償より情報操作に金かける安倍政権
https://lite-ra.com/2020/04/post-5363.html

・外務省 緊急経済対策(令和2年度補正予算外務省所管分)【計1,028億円】
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100042203.pdf
我が国の状況や取組に関する情報発信の拡充【24億円】
感染症を巡るネガティブな対日認識を払拭するため,外務本省及び在外公館において, SNS等インターネットを通じ,我が国の状況や取組に係る情報発信を拡充。

自分で考え いのちを守れ! 新型コロナと闘う その先の未来へ200408

https://youtu.be/RUrC57UZjYk

児玉龍彦先生(内科医、東大先端研がん・代謝プロジェクトリーダー)と金子勝先生にうかがいます。
緊急事態宣言は出されましが、中身は外出の自粛。東京では、すでに病院の中に感染が入り込み、中核病院が崩壊しようとしています。感染の広がり調査し、感染が集中する地域を確定して封じ込めそこに周辺から医療資源を大量に投入する、今こそ正しい感染症対策に立ち戻らなければ、なすすべもなく東京は崩壊します。「大量検査、徹底追跡、隔離徹底」を当初から訴えてきた児玉龍彦先生に現状を聞きます。
新型コロナは、「軽症」に分類されている人でも高熱が長く続き、痛みも強く、消耗しています。その実態を広く共有し、東京の医療資源の有効活用を図るリーダーがまずは必要です。
金子勝先生の緊急経済対策批判とともに、ぜひ。
収録は、2020年4月8日

令和2年4月10日  東京都新型コロナウイルス感染症最新情報 ~小池知事から都民の皆様へ~

東京都の休業要請の内容と協力金の支給についてアナウンスされました。

https://youtu.be/UJZqBCP829c

外出に は眼鏡をかけて、帰宅後は手洗いうがいのほか目も洗いましょう。

中国で今回のウイルスの危険を最初に唱えて、「デマを広げるな」と官憲の調
べを受けて死亡した李氏は眼科の医師でした。花粉症の対策としても、外出に
は眼鏡をかけて、帰宅後は手洗いうがいのほか目も洗いましょう。

2020年4月10日(金) 新型コロナウイルス感染者数推移

いよいよ東京都は休業要請を発表しました。

2020年4月10日(金) 新型コロナウイルス感染者数推移

上記グラフの元データは朝日新聞DEGITALの毎日正午時点の集計値を使っています。

・朝日新聞DEGITAL:新型コロナウイルス感染者数の推移
https://www.asahi.com/special/corona/

・東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp

・日本経済新聞:チャートで見る新型コロナウイルス感染
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/

・日テレ:データとグラフで見る新型コロナウイルス
https://www.news24.jp/archives/corona_map/index2.html

・毎日新聞:新型コロナウイルス国内感染の状況
https://mainichi.jp/covid19

・東洋経済:新型コロナウイルス 国内感染の状況
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

・札幌医科大学:人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移【国別】
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/

新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている?

新型コロナウイルス感染症で味覚を感じなくなる症状が報道されていますが、グーグルのデータアナリストによると感染多発地域では「目の痛み」を検索する人が増えているようです。

・Newsweek:新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている?
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-93089.php

新型コロナウイルス感染症で結膜炎になるケースが以下のページで解説されています。

・日本眼科学会:新型コロナウイルス感染症の目に関する情報について(国民の皆様へ)
https://www.gankaikai.or.jp/info/20200402_COVID-19.pdf

・はんがい眼科:【重要】新型コロナウイルスに関する重要なお知らせ
https://hangai.org/2020/03/06/2843/
新型コロナウィルスの初期症状として結膜炎を発症するケースもあり、その後に呼吸器症状が発生します。

一方、以下の日本感染症学会のページでは目の痛みに関する事項は言及されていないようです。
・日本感染症学会
http://www.kansensho.or.jp/uploads/files/topics/2019ncov/covid19_haien_2...

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer