ニュース

戦争法案ぶっ潰せ江東行動の動画再生リスト

戦争法案ぶっ潰せ江東行動の動画再生リストです。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLGNgTi-bJa14WsQeOztHXwuZ6ScLxqNKQ

本当に止める!

戦争法案審議、参議院委員会審議NHKが、ようやく昨日から放送していますね。
国会内外、世代、職域、党派超えて、総がかりで、協力し、戦略立てて、止める!

本来,違憲と判明した法案を参議院が受け取るべきではありませんでした。
が、全会派参加の特別委員会となったことは評価したい。
山本太郎も特別委員。本日質問第1回目15:48~16:22とか。
あすも、続きます。

30日(木)は、毎週木曜の夜18:30~19:30の国会議員会館前抗議行動。
31日(金)は、学者と学生たちの抗議行動。http://anti-security-related-bill.jp/

✩#本当に止める Avaaz(国際署名運動)も動いています。ご協力を。
https://secure.avaaz.org/jp/to_the_streets_for_peace_loc/?bxYTCdb&v=62506

✩参議院議員連絡先。特別委員連絡先。合わせて、ご活用ください。

私たちの声を国会へ by りぼんぷろじぇくと
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1NoyGnKh5ZWHCZ5BAYkxiCIG7l_hPwXSM...

✩ファイルご覧下さい。創意工夫の与党議員への働きかけ策^^

✩<参議院安保法制特別委員会(計45人)メンバーの要請先一覧>

※自公に◆、自公改選組、岸田派、「リベラル」とされる自民「分厚い
保守政治を目指す若手議員の会」に★

【委員長】
◆鴻池祥肇(自民/兵庫・非改選)
(FAX)03-3502-7009 (TEL)03-6550-1001

【理事】
◆石井準一(自民/千葉・非改選)
(FAX)03-5512-2606 (TEL)03-6550-0506

◆佐藤正久(自民/比例・非改選)
(FAX)03-6551-0705 (TEL)03-6550-0705

◆塚田一郎(自民/新潟・非改選)
(FAX)03-6551-1117 (TEL)03-6550-1117

◆馬場成志(自民/熊本・非改選 ★岸田派)
(FAX)03-6551-1016 (TEL)03-6550-1016

◆堀井巌(自民/奈良・非改選)
(FAX)03-6551-0417 (TEL)03-6550-0417

北澤俊美(民主/長野・改選)
(FAX)03-6551-0424 (TEL)03-6550-0424

福山哲郎(民主/京都・改選)
(FAX)03-6551-0808 (TEL)03-6550-0808

◆荒木清寛(公明/比例 ★改選)
(FAX)03-6551-1115 (TEL)03-6550-1115

小野次郎(維新/比例・改選)
(FAX)03-6551-0620 (TEL)03-6550-0620

【委員】
◆愛知治郎(自民/宮城・非改選)
(FAX)03-6551-0623 (TEL)03-6550-0623

◆石田昌宏(自民/比例・非改選)
(FAX)03-6551-1101 (TEL)03-6550-1101

◆猪口邦子(自民/千葉 ★改選)
(FAX)03-6551-1105 (TEL)03-6550-1105

◆大沼みずほ(自民/山形・非改選)★「分厚い保守政治を目指す若手議員の会」
(FAX)03-6551-0312 (TEL)03-6550-0312

◆北村経夫(自民/比例・非改選)
(FAX)03-6551-1109 (TEL)03-6550-1109

◆上月良祐(自民/茨城・非改選)
(FAX)03-6551-0704 (TEL)03-6550-0704

◆高橋克法(自民/栃木・非改選)
(FAX)03-6551-0324 (TEL)03-6550-0324

◆豊田俊郎(自民/千葉・非改選)
(FAX)03-6551-1213 (TEL)03-6550-1213

◆三木享(自民/徳島・非改選)
(FAX)03-6551-0505 (TEL)03-6550-0505

◆三宅伸吾(自民/香川・非改選)★「分厚い保守政治を目指す若手議員の会」
(FAX)03-6551-0604 (TEL)03-6550-0604

◆森まさこ(自民/福島・非改選)
(FAX)03-6551-0924 (TEL)03-6550-0924

◆山下雄平(自民/佐賀・非改選)
(FAX)03-6551-0916 (TEL)03-6550-0916

◆山本一太(自民/群馬・非改選)
(FAX)03-3508-2281 (TEL)03-6550-0609

◆山本順三(自民/愛媛 ★改選)
(FAX)03-6551-1019 (TEL)03-6550-1019

小川勝也(民主/北海道・非改選)
(FAX)03-6551-1217 (TEL)03-6550-1217

小川敏夫(民主/東京・改選)
(FAX)03-6551-0605 (TEL)03-6550-0605

大塚耕平(民主/愛知・非改選)
(FAX)03-6551-1121 (TEL)03-6550-1121

大野元裕(民主/埼玉・改選)
(FAX)03-6551-0618 (TEL)03-6550-0618

小西洋之(民主/千葉・改選)
(FAX)03-6551-0915 (TEL)03-6550-0915

那谷屋正義(民主/比例・改選)
(FAX)03-6551-0409 (TEL)03-6550-0409

白眞勲(民主/比例・改選)
(FAX)03-6551-1116 (TEL)03-6550-1116

広田一(民主/高知・改選)
(FAX)03-6551-0507 (TEL)03-6550-0507

蓮舫(民主/東京・改選)
(FAX)03-6551-0411 (TEL)03-6550-0411

◆谷合正明(公明/比例 ★改選)
(FAX)03-6551-0922 (TEL)03-6550-0922

◆平木大作(公明/比例・非改選)
(FAX)03-6551-0422 (TEL)03-6550-0422

◆矢倉克夫(公明/埼玉・非改選)
(FAX)03-6551-0401 (TEL)03-6550-0401

片山虎之助(維新/比例・改選)
(FAX)03-6551-0418 (TEL)03-6550-0418

井上哲士(共産/比例・非改選)
(FAX)03-6551-0321 (TEL)03-6550-0321

仁比聡平(共産/比例・非改選)
(FAX)03-6551-0815 (TEL)03-6550-0815

山口和之(元気/比例・非改選)
(FAX)03-6551-1113 (TEL)03-6550-1113

和田政宗(次世代/宮城・非改選)
(FAX)03-6551-1220 (TEL)03-6550-1220

水野賢一(無ク/千葉・改選)
(FAX)03-6551-0519 (TEL)03-6550-0519

福島みずほ(社民/比例・改選)
(FAX)03-6551-1111 (TEL)03-6550-1111

山本太郎(生活/東京・非改選)
(FAX)03-6551-0302 (TEL)03-6550-0302

荒井広幸(改革/比例・改選)
(FAX)03-3508-9677 (TEL)03-6550-0721

【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた

安保法案パロディー動画が自民党作成の本家動画の再生数を上回る

安保法案パロディー動画

自民党作成の本家動画

安保法制反対環境NGO声明に賛同を!

FoE Japanの満田です。
連日、各地で、また国会前で、安保法案に反対し、民主主義を守るための行動が
くりひろげられています。
こんなにも多くの人たちが立ち上がったことは希望です。

さて、環境・平和・人権にかかわる市民団体で、安保法案に反対する共同声明を
出そうとしています。
この際、いままで安保法案に対してあまり声をあげてこなかった団体も含め、い
ろいろなところから反対の声があがっていることを見せていきたいと思います。
http://www.foejapan.org/infomation/news/150716.html

既に100の団体からご賛同のご連絡をいただきました。ありがとうございました。

個人賛同も受け付けることといたしました。
できれば、団体賛同、個人賛同、両方お願いします!
団体賛同フォーム:
https://pro.form-mailer.jp/fms/5ca8639b81236

個人賛同フォーム:
https://pro.form-mailer.jp/fms/0bcfea9281379

※賛同の締め切りは、7月27日(月)です。
※共同声明の発表は、7月28日(火)13時~14時に、参議院議員会館(B103)に
て行う予定です。また詳細はご連絡します。

呼びかけ団体:ラムサール・ネットワーク日本、ピースボート、グリーンピース
・ジャパン、環境市民、ジュゴン保護キャンペーンセンター、FoE Japan

連絡先:
満田夏花(みつた・かんな) FoE Japan(エフオーイージャパン)
kanna.mitsuta★nifty.com 携帯:090-6142-1807 ←★を@に置きかえてください。
花輪伸一 ラムサール・ネットワーク日本
Hanawashinichi2★mbn.nifty.com 携帯:090-2452-8555 ←★を@に置きかえてください。

------------------------
2015年7月28日

安全保障関連法案(安保法案)に反対する環境NGO共同声明

現在、国会で通称、「安保法案」(注1)が審議されています。
私たちは、環境保全や平和、人権問題に取り組んできたNGOとして、安保法案は、
日本が戦争に加担することを可能にするものであることから、これに反対します。
また、形式的な審議を繰り返したあげくの衆議院での強行採決に強く抗議します。

言うまでもなく戦争は最大の環境破壊であり、人権侵害です。歴史上、あらゆる
戦争は、他国の脅威を必要以上に宣伝し、自国あるいは同盟国の利益を守ること
を言い訳にして、引き起こされてきたのです。いまこそ私たちは、こうした歴史
を真摯に振り返るべきでしょう。

ひとたび、この一連の法改正が行われば、戦後70年、日本が築いてきた平和国家
としてのブランドが覆されるでしょう。自衛隊が戦争に加担し、人を殺し、殺さ
れる事態となるでしょう。海外では日本人が標的にされ、国内ではテロのリスク
が高まることが予想されます。

審議の進め方についても、10もの法律を改正し、1つの新法をつくり、これをたっ
た一回の国会で成立させてしまうという乱暴なものです。こんなお粗末な審議で、
戦後70年の平和の礎を簡単にひっくり返してよいのでしょうか。

連日、国会周辺では、たくさんの人たちが安保法案に反対の声をあげています。
現在の安保法案を「違憲」とする憲法学者は9割以上にも上っています(東京新
聞、朝日新聞)。

共同通信による最新世論調査(6月20、21日)では、安保法案「違憲」が56.7%、
「違憲でない」が29.2%。法案に「反対」する人は58.7%にも上っています。
政府与党は、この圧倒的な民意や憲法学者の意見を無視するべきではありません。

私たちが取り組んできている環境運動の目的は、自然環境と生物多様性、そして
人々の生活環境を保全し、人権と平和を守り、安全で安心な生活ができる社会を
築くことにあり、安保法案はその最大の脅威です。

私たちは、平和を真剣に希求するすべての人たちとともに、安保法案を廃案する
ことを求めます。

(注1)武力攻撃事態法、周辺事態法、自衛隊法、国連PKO法など10の法律の改
定と、国際平和支援法の新設。

問い合わせ先:
満田夏花(みつた・かんな) FoE Japan(エフオーイージャパン)
kanna.mitsuta★nifty.com 携帯:090-6142-1807  ←★を@に置きかえてください。
花輪伸一 ラムサール・ネットワーク日本
Hanawashinichi2★mbn.nifty.com 携帯:090-2452-8555 ←★を@に置きかえてください。

戦争法案、撤回せよ!強行採決徹底糾弾!直ちに廃案!アべやめろ!

戦争法案、撤回せよ!強行採決徹底糾弾!直ちに廃案!アべやめろ!

30万人で国会を包囲しましょう!
地域で、国会へ行こうと呼びかけましょう。

本日と明日も、国会正門前へ。
13:00時から、座り込み。
夜18:30から、大抗議行動。(いずれも、総がかり行動実行委員会呼びかけ)
17:30からは、SEALDs 呼びかけ。http://www.sealds.com/

国会正門前(国会議事堂前駅、桜田門駅)
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
http://sogakari.com/?page_id=67
「SEALDs」と協力開催。

神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会

みなさま

「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」です。

新国立競技場につきまして、当会では、昨日7/12(日)より
「国会請願プロジェクト」を開始しました。
請願内容は下記の2点です。

◎請願事項
1.建設費、維持費、工期、計画決定プロセスの疑惑、環境負荷等に問題があり、
国民の95%が反対している進行中の新国立競技場計画を中止してください。

2.上記を実行した上で、簡素で使いやすいメインスタジアムの計画に
すぐに取り掛かってください。
日本の信頼できる建築家たちは、2020東京オリンピック・パラリンピックまでに
素晴らしいスタジアムを完成させるでしょう。

◎「国会請願」とは
国民が国政に対する要望を直接意思表示するものであり、
憲法第16条で国民の権利として保障されています。
ご賛同いただける場合はご署名の上、まわりの方にも広めていただき、
1筆でも多く積みあげて、みなさまの気持ちを国会に届けさせてください。

◎請願専用ページ
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp/cn16/pg201.html

*上記から署名用紙がダウンロードができます。
*国会請願には自筆の署名が必要です。
*8/31必着、9/15頃国会提出予定。
*送付先など詳細は上記ページをご参照のこと。

【関連報道】
◎為末大さん(元陸上五輪選手)
私は新国立競技場建設の今の案に反対です。
日本が迎える高齢化社会において、重要なのは1つのどでかい競技場ではなく、
小学校や高校大学のスポーツ施設を解放することや、予約しにくく使いにくい日本のス
ポーツ施設を解放することだと思います。そうすればスポーツが身近になり、社会保障
費が抑制され、健康寿命が実寿命に近づき、スポーツが日本が抱える課題解決に貢献で
きるのではないでしょうか。
ブログ『TAMESUE』(150710)
http://tamesue.jp/20150710/

◎平尾剛さん(元ラグビー日本代表選手)
五輪とW杯の開催自体には反対しません。元ラグビー選手の立場からは
むしろ歓迎しています。
だけど巨額の建設資金を投じてスタジアムを建設することには明確に
反対の意を表明します。
大好きなスポーツがこれ以上金にまみれる姿は見たくありません。
政治に利用されるのももうたくさんです。
ツイッター(150710)

◎平野啓一郎さん(芥川賞作家)
異様なところは、どんな反対があっても、これは絶対に作るべき価値のある
建物なんだと情熱をもって語る人が、責任者に誰もいないこと。
みんな、もうプレゼンしちゃったからとか、時間がないからとか、仕方がない
という理由ばかり。
そんなものを遺される次世代の絶望を想像できないのか。
マスコミは、内閣支持率の調査で、新国立競技場をはじめとするオリンピック
の準備についても有権者に問うてください。
(ツイッター150708)

◎清水宏保さん(元スケート選手/五輪金メダリスト)
僕はこの案に明確に反対したいと思います。
メイン競技場は簡素でいいと思います。
さらに、レガシーを問題にすれば、前回の五輪を記念して、
国立競技場を改修するという方法もあったと思います。
今回、何もみえを張る必要はない。既存の施設も十分に活用するべきだと思います。
それでも、我が国得意の「おもてなし」はできるはずです。
五輪がくれば競技の裾野は広がり、トップアスリートの力も格段に上がります。
国民同士の交流も盛んになり、それがレガシーではないでしょうか。
『朝日新聞』(150627)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11830174.html

以上です。
どうぞよろしくお願いします。
_______________________________________________
神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp

神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会

「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」です。
同送のご連絡で申しわけありません。

チラシ

新国立競技場につきまして、さる7/7の有識者会議で、
2520億円の現行計画が了承されたことを受けまして、
添付のとおり、当会より緊急声明を発表いたします。

ごらんいただきまして、
ご無理のない範囲で周知にご協力いただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

【関連報道】
◎『読売新聞』社説(150709)
「新国立競技場 代償伴う愚かで無責任な決定」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150708-OYT1T50211.html

◎『産經新聞』主張(150709)
「新国立競技場 この建設計画は無責任だ」
http://www.sankei.com/life/news/150709/lif1507090002-n1.html

◎『毎日新聞』社説(150708)
「新国立競技場 無謀な国家プロジェクト」
http://mainichi.jp/shimen/news/20150708ddm005070080000c.html

◎『朝日新聞』社説(150708)
「新国立競技場 これでは祝福できない」
http://www.asahi.com/articles/DA3S11846691.html

◎『東京新聞』社説(150709)
「新国立競技場 負の遺産は造れない」
http://u111u.info/mmeT

神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
info★2020-tokyo.sakura.ne.jp ←★を@に置きかえてください
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新国立競技場問題を2013年11月秋深まるころから提起し続けてきた「神宮外苑と国立競技場を未来に手渡す会」から、緊急声明が届きました。ご存知と思いますが、手渡す会は、谷根千の森まゆみさんたちが立ち上げた取り組みです。国立競技場が取り壊された後も、粘り強く活動を続けてこられました。
それでも強行するか?!
立ち止まって、やり直すこと。まだ、間に合います。
拡散をお願いします。

会の趣旨への賛同は、こちらから→
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp

森さんのツイッターはこちらから→
https://twitter.com/yanesenkumatyan

「もりまゆみ ‏@yanesenkumatyan 50分50分前日経、読売、産経,毎日、朝日、東京、大手全紙と共同通信も批判しているおろかな新国立競技場計画。それでも強行するか?テレビ局、とくにNHKが鈍いのは オリンピック放映権を握られているからか。いっぽう新国立競技場に目を奪われて安保法制を見逃さないようにしましょう。似たような構図。」(本日50分前のつぶやきから)

2015年7月18日(土) 戦争法案ぶっ潰せ江東行動大集会

戦争法案ぶっ潰せ江東行動大集会
日時:2015年7月18日午後1時半から4時半まで
場所:江東区文化センター・レクホール(江東区住吉二丁目、毛利二丁目)
講演:宇都宮健児(代表呼びかけ人)
資料代:500円
主催:戦争法案ぶっ潰せ江東行動

戦争法案ぶっ潰せ江東行動1000人パレード

日時:2015年7月25日午後4時半開場、5時開会、5時半パレード出発
会場:猿江公園(江東区東陽)
交通:都営地下鉄新宿線(S13)・東京メトロ半蔵門線「住吉」(Z12)下車A3出口徒歩2分
JR総武線「錦糸町」南口下車 徒歩15分
主催:戦争法案ぶっ潰せ江東行動
パレードは亀戸コースと東陽町コースに分かれます。解散予定は6時15分です。
http://www.hayariki.net/9koto/buttsubuse.html
平和都市宣言をした江東区民は戦争法案に反対します

維新の党・国会議員連絡先一覧

★鍵を握る維新の党議員に
「対案作りや修正協議でなく、悪法はまず廃案に!」
「官邸を利することなく、安保法案の今国会成立阻止に向けて、野党連携を!」の声を届けよう!         [転送・転載歓迎]

政府与党は国会を大幅に延長し、あくまでも「違憲戦争法案」の成立を図ろうとしています。そのために、安倍官邸は野党の分断工作を仕掛けてきています。14日夜の橋下・安倍会談もその一つと言えるでしょう。先週12日の特別委員会では、浜田委員長が職権で開催した審議に、民主・共産が抗議して欠席する中、維新のみが協力して出席し質疑を行うということも起こっています。

★維新の党は20日(土)に大阪で橋下市長も参加して安保政策の議論を行い、24日(水)をメドに「安保法案」への「対案」をまとめる方針だと報じられています。

野党が少なくとも今国会の成立阻止でしっかりと連携しない限り、数の力に奢る政府与党の横暴を食い止めることは難しくなります。今、鍵を握る維新の党の国会議員に対して、市民の声を届けることが緊急に必要になっているのではないでしょうか。

このタイミングを逸することなく、緊急に維新の党の国会議員にファックスなどで声を届けてください。そして、このリストを広めてください。転送やツイッター、フェイスブックでの拡散、ホームページやブログへの転載、プリントアウトしての配布など、どうかよろしくお願いします。

※ちなみに、安倍官邸への接近の主導権を握っているのは、大阪系の議員だと言われています。一方、私が「独断と偏見」で、頑張ってほしい、後押ししたいと考えているのは、太田和美、初鹿明博、井出庸生、井坂信彦、片山虎之助、川田龍平、真山勇一、小野次郎の各議員です。他にもおられるかと思いますが、ご参考までに。また、松野頼久(代表)、柿沢未途(幹事長)、今井雅人(政調会長)、江田憲司(前代表)の非大阪派の党幹部にもしっかり声を届けてください。

【保存版】維新の党国会議員 要請先(FAX・TEL)一覧
http://kosugihara.exblog.jp/21343118/

※短いもので構いません。ていねいに、なるべくご自分の言葉で声を届けてください。法案に反対する理由などを添えられてもいいと思います。

※党の役員にはしっかり声を届けてください。また、地元選挙区にお住まいの方はぜひ地元事務所にも声を届けてください。

例)
「世論調査では安保法案に「反対」が過半数、「政府の説明は不十分」「今国会で成立させるべきでない」も圧倒的多数にのぼっています。強行採決により成立を狙う政府与党を決して利することなく、民意を受け止めて、野党連携で今国会での成立を食い止めてください」

「修正協議に応じることは、違憲立法の今国会での強引な成立に手を貸すことです。法案は「対案」を作るに足る代物ではなく、いったん廃案にする以外にありません。政府与党を利することなく、民意を受け止め、廃案に向けてしっかり頑張ってください」

<維新の党 全国会議員の要請先一覧> ※国会事務所&地元事務所

(◆は党役員)
【衆議院】

松木けんこう(FAX)03-3508-3011  (TEL)03-3508-7306
[北海道] (FAX)011-738-8060  (TEL)011-738-8070

升田世喜男 (FAX)03-3508-3982  (TEL)03-3508-7602
  [青森] (FAX)017-775-2377  (TEL)017-721-3799

村岡敏英  (FAX)03-3508-3509  (TEL)03-3508-7389
  [秋田] (FAX)0184-22-8151  (TEL)0184-22-8430

小熊慎司  (FAX)03-3508-3438  (TEL)03-3508-7138
  [福島] (FAX)0242-38-3566  (TEL)0242-38-3565

石関貴史  (FAX)03-3508-3736  (TEL)03-3508-7286
[群馬] (FAX)0270-25-6224  (TEL)0270-25-0073

坂本祐之輔 (FAX)03-3508-3733  (TEL)03-3508-7343
[埼玉] (FAX)0493-81-3386  (TEL)0493-22-3682

鈴木義弘  (FAX)03-3508-3640  (TEL)03-3508-7150
  [埼玉] (FAX)048-948-2071  (TEL)048-948-2070

太田和美  (FAX)03-3508-3541  (TEL)03-3508-7271
  [千葉] (FAX)04-7160-2314  (TEL)04-7160-2313

落合貴之  (FAX)03-3508-3434  (TEL)03-3508-7134
  [東京] (FAX)03-6325-5542  (TEL)03-6325-5542

木内孝胤  (FAX)03-3508-3302  (TEL)03-3508-7302
[東京] (FAX)03-5999-5002  (TEL)03-5999-5001

◆柿沢未途  (FAX)03-3508-8807  (TEL)03-3508-7427 ※幹事長
  [東京] (FAX)03-5620-3105  (TEL)03-5620-3104

初鹿明博  (FAX)03-3508-3241  (TEL)03-3508-7712
  [東京] (FAX)03-5836-3154  (TEL)03-5836-3155

篠原豪   (FAX)03-3508-3430  (TEL)03-3508-7130
[神奈川] (FAX) (TEL)045-349-9180

水戸将史  (FAX)03-3508-3827  (TEL)03-3508-7027
[神奈川] (FAX)045-814-3007  (TEL)045-814-3001

青柳陽一郎 (FAX)03-3508-3515  (TEL)03-3508-7245
[神奈川] (FAX)045-334-4113  (TEL)045-334-4110

◆江田憲司  (FAX)03-3508-3292  (TEL)03-3508-7462 ※前代表
[神奈川] (FAX)045-989-3912  (TEL)045-989-3911

吉田豊史  (FAX)        (TEL)03-3508-7029
  [富山] (FAX)076-425-1753  (TEL)076-425-1752

井出庸生  (FAX)03-3508-3299  (TEL)03-3508-7469
  [長野] (FAX)0267-78-5515  (TEL)0267-78-5515

◆今井雅人  (FAX)03-3508-3866  (TEL)03-3508-7086 ※政調会長
[岐阜] (FAX)0574-49-9445  (TEL)0574-49-9444

牧義夫   (FAX)03-3508-3258  (TEL)03-3508-7628
  [愛知] (FAX)052-681-0441  (TEL)052-681-0440

重徳和彦  (FAX)03-3508-3285  (TEL)03-3508-7910
  [愛知] (FAX)0564-51-1198  (TEL)0564-51-1192

松田直久  (FAX)03-3508-3514  (TEL)03-3508-7244
[三重] (FAX)059-228-8220  (TEL)059-213-7660

井上英孝  (FAX)03-3508-3333  (TEL)03-3508-7333
  [大阪] (FAX)06-6763-2223  (TEL)06-6763-2752

吉村洋文  (FAX)03-3508-3830  (TEL)03-3508-7030
  [大阪] (FAX)06-6356-7361  (TEL)06-6356-7360

木下智彦  (FAX)03-3508-3540  (TEL)03-3508-7270
  [大阪] (FAX)06-6857-1126  (TEL)06-6857-1125

足立康史  (FAX)03-3508-6410  (TEL)03-3508-7100
  [大阪] (FAX)072-623-5837  (TEL)072-623-5834

松浪健太  (FAX)03-3508-3536  (TEL)03-3508-7266
  [大阪] (FAX)072-685-7188  (TEL)072-685-7188

伊東信久  (FAX)03-3508-3358  (TEL)03-3508-7478
[大阪] (FAX)072-845-0707  (TEL)072-845-0700

谷畑孝   (FAX)03-3508-3726  (TEL)03-3508-7276
  [大阪] (FAX)072-994-9908  (TEL)072-994-5005

浦野靖人 (FAX)03-3508-3222  (TEL)03-3508-7222
  [大阪] (FAX) (TEL)072-330-6700

◆馬場伸行  (FAX)03-3508-3322  (TEL)03-3508-7322 ※国対委員長
  [大阪] (FAX)072-274-0805  (TEL)072-274-0771

遠藤敬   (FAX)03-3508-3325  (TEL)03-3508-7325
  [大阪]

丸山穂高  (FAX)03-3508-3819  (TEL)03-3508-7019
  [大阪] (FAX)072-486-0301  (TEL)072-486-0300

井坂信彦  (FAX)03-3508-3250  (TEL)03-3508-7620
  [兵庫] (FAX)078-271-3707  (TEL)078-271-3705

小沢鋭仁  (FAX)03-3591-2735  (TEL)03-3508-7641

高井崇志  (FAX) (TEL)03-3508-7063
  [岡山] (FAX)086-242-6063  (TEL)086-242-6060

横山博幸 (FAX)03-3508-3737  (TEL)03-3508-7287
  [愛媛] (FAX)089-907-7201  (TEL)089-907-7200

河野正美  (FAX)03-3508-3884  (TEL)03-3508-7404
  [福岡] (FAX)092-940-2880  (TEL)092-940-2888

◆松野頼久  (FAX)03-3508-8989  (TEL)03-3508-7040 ※代表
  [熊本] (FAX)096-344-4801  (TEL)096-345-7788

下地幹郎  (FAX)03-3508-3403  (TEL)03-3508-7103 ※特別委理事
  [沖縄] (FAX)098-866-7602  (TEL)098-866-7603

【参議院】

小野次郎 (FAX)03-6551-0620  (TEL)03-6550-0620
  [山梨] (FAX)055-233-2603  (TEL)055-233-2626

片山虎之助 (FAX)03-6551-0418  (TEL)03-6550-0418
  [岡山] (FAX)086-231-8945  (TEL)086-221-1122

川田龍平  (FAX)03-6551-0508  (TEL)03-6550-0508
  [東京] (FAX)03-6804-6426  (TEL)03-6804-6425

儀間光男  (FAX)03-6551-0813  (TEL)03-6550-0813
  [沖縄] (FAX) (TEL)098-941-3330

柴田巧   (FAX)03-6551-0822  (TEL)03-6550-0822
  [富山] (FAX)0766-61-4663  (TEL)0766-61-1212

寺田典城  (FAX)03-6551-0920  (TEL)03-6550-0920
  [秋田] (FAX)018-825-5202  (TEL)018-825-5201

藤巻健史  (FAX)03-6551-0917  (TEL)03-6550-0917

真山勇一  (FAX)03-6551-0320  (TEL)03-6550-0320

室井邦彦  (FAX)03-6551-1122  (TEL)03-6550-1122
  [兵庫] (FAX)06-6489-1002  (TEL)06-6489-1001

東徹    (FAX)03-6551-0510  (TEL)03-6550-0510
  [大阪] (FAX)06-6681-0316  (TEL)06-6681-0350

清水貴之  (FAX)03-6551-0404  (TEL)03-6550-0404
  [兵庫] (FAX)0798-65-0172  (TEL)0798-65-0171

現在募集中の、原発・エネルギー・被ばく問題に関するパブリックコメント

<現在募集中の、原発・エネルギー・被ばく問題に関するパブリックコメント>
資料・リンクはこちら http://e-shift.org/?p=3246

◆【7/1まで】長期エネルギー需給見通し策定に向けた御意見の募集について
http://www.enecho.meti.go.jp/notice/topics/031/
資源エネルギー庁長官官房総合政策課
⇒2030年のエネルギーミックス案

・一番大きな問題は、原発の割合。20~22%は現実的に不可能
43基すべて再稼働した上で、原発3基(上関、大間、東通)の新設、60年までの運
転延長をしなければ不可能。
安全性の確保を大前提とすると書いてありながら、まったくそのようになっていな
い。
・エネルギー需要量の見通しが、現時点からわずかに下がるのみ。省エネの目標が低
すぎる。
・再生可能エネルギーの導入目標が低すぎる
・原発のコスト試算が低すぎる。
一方で再生可能エネルギーの賦課金を、負担と言っている。将来に向けた投資であ
る。

・参考 
http://e-shift.org/?p=3246
(ISEP 松原弘直)

◆【7/2まで】「日本の約束草案(政府原案)」に対する意見の募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=19515...
環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室
⇒日本の温室効果ガス削減目標。
・「2013年比26%削減」は、1990年比だとわずか18%で極めて不十分。
基準年は、これまで通り1990年とすべき。
・先進国として、国際的に公平といえない。野心的でもない。
少なくとも1990年比40%以上の削減とすべき。
・2050年80%削減に向けて直線的な道筋とすべき。
原発にも石炭にも頼らない持続可能社会をつくる方向を示すべき。

・参考 
http://e-shift.org/?p=3246
(気候ネットワーク 桃井貴子)

◆【7/1まで】「小売電気事業の登録の申請等に関する省令案」に対する意見の募集
について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=62011...
経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部政策課電力・ガス改革推進室
⇒小売電気事業者の登録要件を定めるもの。
・電源構成の表示や料金内訳の表示を義務づける条項がない。
・消費者が選択できる情報公開(表示)が必要。

・参考 
http://e-shift.org/?p=3246
(FoE Japan 吉田明子)

◆【6/19まで】四国電力株式会社伊方発電所3号炉の発電用原子炉設置変更許可申請
書に関する審査書案に対する科学的・技術的意見の募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=19827...
原子力規制委員会 原子力規制庁 原子力規制部 安全規制管理官(PWR担当)付
⇒伊方原発の再稼働に関する審査書案。
・基準地震動の評価が低すぎる。
・避難計画が審査対象になっていない。佐多岬半島の住民5000人は孤立する可能性が
高い。
・危険なMOX燃料の使用が想定されているが、再評価が求められる。
・阿蘇山の大噴火が起これば、火砕流が到達する恐れもある。火山専門家の意見も聞
いて再評価すべき。

・参考 
http://e-shift.org/?p=3246
(グリーンピース・ジャパン 関口守)

・グリーンピース・ジャパン 
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/5/blog/52900/
・原発さよなら四国ネットワーク 
http://genpatsu-sayonara.net/
・原子力規制を監視する市民の会 
http://kiseikanshi.main.jp/2015/06/15/pabukome-2/

◆【6/19まで】緊急作業時の被ばくに関する規制に関する関係規則等の改正等(試験
研究の用に供する原子炉等の設置、運転等に関する規則等の一部を改正する規則)
に係る意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=19827...
原子力規制委員会 原子力規制庁 原子力規制部原子力規制企画課
⇒緊急作業被ばく限度の改定
・250mSvへの引き上げは高すぎる。労働者保護の視点が欠如している。
・書面による労働者の「自由意志」が機能するのか

・参考 
http://e-shift.org/?p=3246
(原子力資料情報室 伴英幸)

・美浜の会 
http://www.jca.apc.org/mihama/hibaku/rodo_hibaku_pub20150616.pdf

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer