ニュース

SEALDsのスピーチ

友人の娘さん、大学院生のかりんさんが
SEALDsに参加していて、
9/17の国会前スピーチの動画が文字起こし付きで
IWJにアップされています。
彼女の筋道通った怒り、とても心に響きます。
ぜひ皆さんに観ていただきたいと思いました。

●【スピーチ全文掲載】「今日がダメなら明日、明日がダメなら明後日、
明後日がダメなら明々後日。民主主義を存在させるのは私たち一人ひとり」
——SEALDsかりんさんが参院での「凶行」直後に国会前スピーチ
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/266676

かりんさんはSEALDsの選書プロジェクトのメンバーでもあり、
先日、東京新聞(10/27朝刊)で紹介されました。大活躍!

●自由と民主主義 読み学ぶ シールズが「選書プロジェクト」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015092702000128.html

特別企画『ニッポン・戦争・私 2015』~「戦争」をテーマとした3分間の映像を募集!

============================================================
特別企画『ニッポン・戦争・私 2015』~「戦争」をテーマとした3分間の映像を募集!
~あの大戦から70年。「戦争」をテーマとした3分間の映像を募集!~

『ニッポン・戦争・私 2015』
http://videoact.seesaa.net/article/420561522.html
============================================================

ビデオアクトでは、「戦争」「憲法」「自由」「3.11」など
様々なテーマで、3分間のオムニバス映像企画を実践してきました。
2015年は、あの大戦から70年という節目の年でもあります。
集団的自衛権の限定行使が検討されるなど、最近の世情も鑑み、
テーマを「戦争」とした3分間の映像作品を募集します。
作品はオムニバス映像企画『ニッポン・戦争・私 2015』として、まとめます。

過去には、1999年、2002年、2003年と3度にわたり実践してきた『ニッポン・戦争・私』。
http://www.videoact.jp/3min/menu.html
ビデオアクトのオムニバス映像企画の原点に立ち返ります。

【ワークショップ】川崎市アートセンター主催「3分間ビデオ制作入門講座」7期生募集!

*****************************
川崎市アートセンター主催「3分間ビデオ制作入門講座」7期生募集!
http://kac-cinema.jp/workshop/?p=2629
*****************************

★講師は映画監督!
★まずは3分!「伝えたいこと」を映像にしよう

ビデオ初心者の方でも大丈夫
押入れに眠っているビデオカメラを救おう!

自宅で使われていないビデオカメラとパソコンを使い、映像作品をつくり、上映会で発表するまでの映像にまつわる一連の活動をすべて体験しようというワークショップです。

【講座】 全10回開催日 <土曜日開催(ただし最終上映日のみ日曜日開催)>

★2015年 10/31、11/14、11/21、11/28、12/5、12/12
★2016年 1/9、1/23、2/6
★および上映会の2/21(日)の夕方

【会場】 新百合トウェンティワンホール 第2研修室(地下2階)
※小田急「新百合ヶ丘駅」北口より徒歩2分

【講師】 土屋トカチ(映画監督)、松原明(ビデオプレス代表)
【主催】川崎市アートセンター
【協力】新百合丘トゥエンティワンホール
【後援】「しんゆり・芸術のまちづくり」フォーラム

【講座内容】

2015年11月1日(日) 東京・無年金障害者をなくす会 第18回総会記念講演 「宇都宮弁護士が『人権』を語る〜所得保障を中心に〜」

◆11月1日(日)10:45〜11:45(受付10:00〜)
@東京都障害者福祉会館
東京都港区芝5-18-2 (都営芝5丁目アパート2号棟1・2階)
JR山手線・京浜東北線田町駅下車徒歩5分、都営地下鉄浅草線・三田線三田駅徒歩1分
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/syoukan/toiawase.html

東京・無年金障害者をなくす会 第18回総会記念講演
「宇都宮弁護士が『人権』を語る〜所得保障を中心に〜」

参加費:会員無料、会員外300円
主催:東京・無年金障害者をなくす会  T)03−3207−5636 F)3207-5628
※手話通訳、テキストデータなどが必要な方は事前に事務局までご連絡ください。
チラシ  
http://www.ttsukushi.sakura.ne.jp/15.11.1no.18sokai.pdf

福島菊次郎さん永眠

戦争法案、委員会「採決不存在」のまま、本会議議決の直後の永眠~

「今は、まさに戦争前夜。危機が間近に迫っている。取り返しのつかない事態になる前に、 安倍政権の暴走を止めなければいけない。私が都民ならば、細川氏に1票を投じたい。・・」

(「原発ゼロを実現する会・東京」より)
https://katterentokyo.wordpress.com/2014/01/17/comments/

福島菊次郎「93歳のラストメッセージ」
http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E8%8F%8A%E6%...

「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」への賛同のお願い

(至急)「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」への賛同のお願い
醍醐 聰(東京大学名誉教授さん)の署名の呼びかけをお知らせします。署名の期限が9月25日に迫っています。

皆様

以下の呼びかけの拡散にご協力いただけましたら幸いです。

政府・与党は9月17日の参議院安保特別委員会で、2つの安保関連法案ほか計5件の案件を「採決」し、「可決」したとみなし、マスコミもそのように報道しています。

しかし、「採決」の場面をテレビで視た多くの市民の間で、「あのように委員長席周辺が騒然とし、委員長の議事進行の声を自席で委員が聴き取れない状況で、5件もの採決がされたとは信じられない」という声が飛び交っています。至極もっともな感想ではないでしょうか?

ということは、「強行採決」に抗議する以前に、「採決」はそもそもなかったというのが真相ではないでしょうか?

このような余りに理不尽な状況が既成事実としてまかり通るのを見過ごすことはできません。

そこで、緊急に山崎参議院議長、鴻池安保特別委員会宛てに、添付のような申し入れをすることにしました。

以下のとおり、皆様に賛同の呼びかけをさせていただきます。

「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」への賛同のお願い

川内原発は大事故直前です・・・広瀬隆

全国のみなさま       広瀬隆です。

 川内原発は大事故直前のまま運転中です。
 インターネットのダイヤモンドオンラインで、下記の日程で、私の連載記事
「川内原発再稼働阻止」を掲載してきましたが、今日の記事は、再稼働中の川内
原発の最大の欠陥を、もとNHKアナウンサーの堀潤さんが教えてくださったき
わめて重大な内容です。大事故直前の、大変なことが、鹿児島県で進行中です。
http://diamond.jp/articles/-/77425

 すぐに読んでください。その要点を説明します。
 第一回の対談は下記ですが、今日はその二回目です。
http://diamond.jp/articles/-/77414
 堀さんが、アメリカにいた2012年に、三菱重工製の新しい蒸気発生器が破損事
故を起こして、サンオノフレ原発の2基が廃炉になって、三菱に1兆円近い賠償
を請求したのです。いいですか、廃炉ですよ!
 その経過が重要です。日本ではまったく報道されていませんが、なんとアメリ
カのNRC(原子力規制委員会)が三菱重工の製造工場に抜き打ちで立ち入り検
査をした結果、三菱がまともな対策をとっていないことが明らかになって、それ
でアメリカの電力会社が廃炉を決断していたのです。大事件です。
 その蒸気発生器は、ほとんど新品でした。
 その三菱重工製の欠陥製品を使って、8月11日から動かし始めたのが、鹿児島
県の川内原発1号機なのです。

 意味が分かりますか? 川内原発では、21日に復水器の細管破損が発見され
て、一昨日からその破損部分だけ栓をして出力上昇を再開しましたが、この「復
水器」は二次系の話です。
 アメリカの事故で判明した欠陥のある「蒸気発生器」は一次系、つまり原子炉
に直結する熱水が流れている巨大装置です。こちらは、1万本以上の細管を使っ
て、熱を二次系に伝えるのです。
 川内原発の大事故は、秒読みです。
 4年以上も動かしていなかった装置です。
 九州電力は、このような金属材料の欠陥(腐食)についてシロウトです。欠陥
を知っているのはメーカーなのです。
 10月に予定している2号機の再稼働は、もっとおそろしいことになります。腐
食だらけの、古い蒸気発生器を使って動かすのですから。
 日本の報道はゼロです。堀潤さんの重大な警告を聞いてください。
 川内原発は、即時廃炉にすべき原子力発電所です。

 堀さんのあとは、田中三彦さんが、日本の原子力規制委員会が大事故を起こす
真犯人だということを、わかりやすく話してくれます。
 そのあとは、古賀茂明さんに登場していただきます。

 全国に、事実を広めてください。事実が、最も重要です。日本のテレビと新聞
は、まったく現実を伝えていません。意見より先に、事実を伝えることです。
 再稼働に賛成する人間をゼロにする力は、事実にあるのです。まだ、再稼働の
賛成者は3割もいます。 
 ダイヤモンドオンラインは、読者が激増しています。日本人全体の知識を高め
ましょう。
 このサイトのタイトルの下にある小さな「バックナンバー」をクリックする
と、すべての記事が読めます。    

◆第1回 7月17日金曜 
http://diamond.jp/articles/-/74801
【川内原発の地震対策は、まったくなっていない!】

◆第2回 7月21日火曜 
http://diamond.jp/articles/-/74973
【日本を壊滅させる川内原発再稼働と火山の脅威】

◆第3回 7月24日金曜 
http://diamond.jp/articles/-/74983
【日本の原発にテロ対策はない】  

◆第4回 7月28日火曜 
http://diamond.jp/articles/-/75003
【報道されないトリチウムの危険性】
   この記事は、1日で45万人の人が見ました!!

◆第5回 7月31日金曜 
http://diamond.jp/articles/-/75078
【フクシマ原発事故被害者の賠償を放置したまま再稼働など許されるか】

◆第6回 8月 5日水曜 
http://diamond.jp/articles/-/75637
【原子力発電は「大量殺人」ではないのか?】

◆第7回 8月 8日土曜 
http://diamond.jp/articles/-/75642
【電気が足りているのに、なぜ原発を動かす必要があるのか?】

◆第8回 8月12日水曜 
http://diamond.jp/articles/-/75646
【原発ゼロで、なぜ電気が足りているのか?】

このあとは、ダイヤモンド社論説委員・坪井賢一さんとの対談
もとNHKアナウンサー・堀潤さんとの対談
(現在、堀さんの対談2回目までです)
もと国会事故調メンバー・田中三彦さんとの対談
もと通産省官僚・古賀茂明さんとの対談  
と続きます。バックナンバーを見てください。

沖縄・原発情報から

沖縄・原発情報から。

①沖縄
・辺野古・平和学のガルトゥング博士が激励(2015・8・22)
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129689&f=ap
・辺野古・国際支援~著名人・文化人74人が声明(沖縄タイムス2015・8・23)
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129744
・米国の平和団体メンバーが辺野古訪問「米軍基地はいらない」
2015年8月12日 12:08https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=128304&f=cr

②原発・原子力規制委員長定例記者会見(2015・8・19)
(届いたMLから拡散をお願いします。)
・「とっくにご存知の方も多いと思いますが、あまりにも無責任ですので、拡散していただけたらとお願いします。」
http://hunter-investigate.jp/news/2015/08/post-745.html

・仙台原発に抗議の署名を!

みなさま(緊急拡散希望、重複失礼します)

(※拡散の場合は、以下のURLからお願いいたします。)
http://www.foejapan.org/energy/action/150822.html

FoE Japanの満田です。
再稼働した川内原発1号機の復水器の2次冷却水に海水が混入した旨が報道されています。

「川内1号機、出力上昇を延期=2次冷却水に海水混入か-九電」(時事通信
2015/08/21-13:14)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201508/2015082100245
「川内原発 トラブルで出力上昇作業を延期」(NHK8月21日 16時06分)
https://www.nhk.or.jp/news/html/20150821/k10010197331000.html

詳細はわかりませんが、冷却用の海水を取り込む細管が破損したとみられています。
九電は、原子炉を止めずに、この復水器の細管約13,000本を検査し、損傷している細管を特定するとしています。
しかし、運転しながらでは小手先の対策しかとることしかできません。作業員の安全を確保するためにも、またトラブルの原因を まず止めて、それから調査すべきでしょう。。

7団体の呼びかけで、九州電力、原子力規制委員会、鹿児島県あてに、川内原発1号機を停止させ、 徹底的に原因を究明することを求める緊急署名を始めました。
以下のフォームから署名することができます。
https://pro.form-mailer.jp/fms/3b3fb08783339
ぜひ署名および拡散にご協力ください。

一次締切:8月26日(水)朝10時
二次締切:8月31日(月)朝10時

呼びかけ団体: 川内原発30キロ圏住民ネットワーク/反原発・かごしまネット/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/原子力規制を監視する市民の会/国際
環境NGO FoE Japan
問い合わせ先:090-6142-1807(満田)

安保法案パロディー動画がもうすぐ100万ビュー

安保法案パロディー動画がもうすぐ100万ビュー

安保法案パロディー動画

自民党作成の本家動画

安保法案パロディー動画が本家上回る あかりちゃんVSヒゲの隊長(NEWS23)

【あかりちゃん#2】HIGE MAX あかりのデス・ロード

「県内学生「シールズ琉球」15日設立 安保法案NO、集会へ」

「県内学生「シールズ琉球」15日設立 安保法案NO、集会へ」
2015年8月9日 7:23
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-246992-storytopic-3.html(琉球新報) 
安全保障関連法案に反対する学生グループ「SEALDs(シールズ)の県内の関連組織として「SEALDs 琉球」が15日発足する。県内の学生を中心に、安保法案反対をはじめ、名護市辺野古への米軍基地建設や東村高江への米軍ヘリパッド(着陸帯)建設への反対、自衛隊基地建設の反対活動も展開する。安保法案反対の全国一斉行動に呼応して、23日には北谷町美浜で千人規模を目指した集会を開く。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer