ニュース

☆総がかり行動予定

☆総がかり行動予定(3.22版)

3月25日(日) 昼(13時~) 新宿即→東口街頭宣伝★新宿駅東口のアルタ前が起点
3月27日(火)昼(12時~)国会議員会館前行動夕方(18時30分~)国会議員会館前行動
3月28日(水) 夕方(18時30分~)国会議員会館前行動

★市民アクション・総がかり共催

都議会前アクション/、「日刊ゲンダイ」や記事 Re:東京都迷惑防止条例改悪案

この東京都迷惑防止条例改悪案の件、「日刊ゲンダイ」3月19日(月)付(実際は昨日3/17発売か?)にも、
隠密都条例3・29スピード採決 悪辣デモ潰し」という記事が載っています。
https://www.trendsmap.com/twitter/tweet/974926104191385605

その記事には「落ち目の小池が失地回復に向け、連日のデモに戦々恐々の安倍首相をアシスト。
「デモ封じ」で政権に恩を押し売りしているようにも見える。こんな"稀代の悪法"本当に成立させるのか。
都議全員の良識が問われる。」とも書かれています。

労働運動や市民運動の弾圧にも使われる危険が大です。

また下記の都議会前抗議行動も呼びかけられています。

【大拡散希望】「〜抗議行動&デモ封じ?!“東京都迷惑防止条例改悪案”絶対反対!都議会前アクション」
3月19日(月)・22日(木)
17時30分〜
都議会前(都営大江戸線「都庁前駅」A2出口至近 )
3月19日(月)審議... (link: https://fb.me/7BoXYfYH6) fb.me/7BoXYfYH6
https://mobile.twitter.com/keitarou1212/status/975039650308898817/photo/1

紅林進です。

市民や労働組合の抗議活動規制・弾圧に道を開く東京都迷惑防止条例(改悪)案

警視庁は、2018年第2回(今)都議会定例会に、「公衆に著しく迷惑をかける暴力行為等の防止に関する条例の一部を改正する条例案」(「東京都迷惑防止条例(改正)案」)を提出するが、
これは市民や労働組合の抗議活動を意図的に規制・弾圧しうるものであり、労働組合の団体行動権、市民の言論表現の自由、知る権利、報道の自由を侵害するものであり、また憲法94条に反するものです。
これが通れば、官邸前の抗議行動や安倍批判も規制・弾圧されかねません!

以下、丸井さんに教えていただいた下記呼びかけを転載させていただきます。

3月19日「警察・消防委員会」で審議、
22日採決、
29日の都議会最終日に成立するスケジュールのようです。

警察・消防委員会メンバーへの要望書のファックスや電話の呼びかけも行われています。

警察・消防委員会は、
委員長大津ひろ子(都)
副委員長橘正剛(公)
石毛しげる(都)
理事両角みのる(都)
吉原修(自)
中村ひろし(民)
委員大山とも子(共)
細谷しょうこ(都)
東村邦浩(公)
中嶋義雄(公)
増子ひろき(都)
尾崎大介(都)
高島なおき(自)

元民主党で現都民ファーストの大津ひろ子都議が委員長で、大山とも子都議、橘都議、中村都議は、各会派の幹事長です。
両角みのる都議は元かがやけtokyoです。
都民ファーストが反対すれば通らないのですが・・。

以下は自由法曹団による意見書です。
憲法で保障された労働組合の団体行動権、国民の言論表現の自由、知る権利、報道の自由を侵害するものであり、また憲法94条に反するものである。
自由法曹団東京支部は、自由と民主主義を擁護する法律家団体として、迷惑防止条例の改正案に断固として反対する次第である。(まとめより抜粋)
http://www.jlaf-tokyo.jp/shibu_katsudo/seimei/2018/180312.html

インドの原発建設に関する署名のお願い

■「ジャイタプール原発建設計画を推進するフランス大統領のインド訪問に抗
議する国際連帯声明」

署名385名(3月10日現在)

みなさん、サインしてください(下記をクリックして、名前とメールアドレス
を入力)
http://www.dianuke.org/international-solidarity-statement-against-the-fr...
または、お名前(ローマ字)だけ書いてメールください
sdaisuke@rice.ocn.ne.jp

昨日の現地でのデモ・集会の多くの写真・動画
https://www.facebook.com/DiaNuke.org/

「ジャイタプール原発建設計画を推進するフランス大統領のインド訪問に抗議
する国際連帯声明」

この抗議声明に賛同して署名した世界中の個人および団体は、フランスのマク
ロン大統領がこのたびのインド訪問中にジャイタプール原発建設計画のための
枠組み合意に署名することに強く抗議しているインドの人々に連帯の意を表明
する。

新潟県知事米山隆一講演会

新潟県知事米山隆一講演会
「エネルギー基本計画:原子力政策と地域の未来を問う」
https://www.youtube.com/watch?v=eprJqu1irqg&t=4066s

ドキュメンタリー映画『おだやかな革命』

【ドキュメンタリー映画『おだやかな革命』】
http://odayaka-kakumei.com/

《公開日》2018年2月3日(土)より
《上映劇場》ポレポレ東中野
《上映時期・時間》2018年2月3日(土)~2月16日
         10:20/12:30/19:00
         ※2/17(土)以降、上映時間変更の可能性あり

【あらすじ】
3.11の原発事故を一つのきっかけにして、これまでの成長・拡大を求める経済のあり方とは違う、それぞれの地域での「幸せな経済」が全国で生まれつつある。『おだやかな革命』は、大きなシステムに依存せず、自らの暮らしを支えるエネルギーを自治しながら、本当の豊かさを取り戻していく地域の姿を見つめた物語だ。2年にわたり追い続けたのは、原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。放射能汚染によって居住制限地域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。岐阜県にある100世帯の小さな集落が立ち上げた小水力事業。さらに、首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業者が連携して進めている秋田県の市民風車。そして、自主自立を目指して村の森を再生しながら森林資源を生かしたビジネスで 若者の起業家を集めている人口1500人の西粟倉村の取り組み。

第6回ブラック企業大賞2017 大賞・各賞発表

第6回ブラック企業大賞2017 大賞・各賞発表
https://blackcorpaward.blogspot.jp/

2017年12月23日(土・休)、第6回ブラック企業大賞2017授賞式を開催し、大賞ほか各賞の発表をいたしました。以下に各賞および授賞理由をご報告いたします。

●ブラック企業大賞: 株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西
  引越社グループは、引越社関東所属の男性営業社員をシュレッダー係に配転し、懲戒解雇をしました。懲戒解雇の理由を「罪状」などと記載し、男性の顔写真を入れた書類(罪状ペーパー)を、貴社グループの店舗へ掲示。さらに、貴社は同様の文面を全従業員に送る社内報へ掲載し、送付しました。
  今年8月、東京都労働委員会はこれらの行為は、男性が労働組合(プレカリアートユニオン)に加入したことによるものであるとして、不当労働行為であると認定しました。また、東京都労働委員会は、貴社が労組へ加入した従業員らに対し、労組からの脱退を促す行為をしたとして、これも不当労働行為であると認定しています。
  引越社関東は、2年前に開
催された

紅林進著『民主制の下での社会主義的変革』

紅林進著『民主制の下での社会主義的変革』
四六判 176頁 1600円+税
出版元:ロゴス (東京都文京区本郷2-6-11 TEL03-5840-8525  FAX03-5840-8544) http://logos-ui.org/

本書のねらい
 議会制民主義の下で社会主義はどのようにして実現するのか、その社会主義の新しい内実を探りながら、その道筋についても明らかにする。
 近年、話題のベーシックインカムやスペインのモンドラゴン協同組合の教訓を解明。選挙制度の民主的改善についても提案。

紅林 進(くればやし・すすむ)
1950年生まれ
法政大学経済学部卒業
社会主義理論学会委員

   『民主制の下での社会主義的変革』 目次

まえがき

  第Ⅰ部 社会主義への理論的探究

社会主義社会をどのように構想し実現するか
 1 未来社会の構想について 12
 2 新たな社会主義経済像 13
 3 生産手段の社会的所有 14
 4 労働者協同組合、労働者自主管理企業、アソシエーション型社会 16
 5 分権的、協議的、下からの計画経済 17
 6 社会主義における分配原則 18
 7 社会主義の下での市場経済 20
 8 労働からの解放、労働の解放 22
 9 生産力の発展について 23

[緊急]神戸製鋼のデータ改ざん、原発にも

スキャンダルの最中にある神戸製鋼が、原発にも品質データを改ざんした製品を供給していることがわかりました。検査を求める緊急署名にいますぐ署名してください!

神戸製鋼が、製品の品質データを改ざんしていたスキャンダル、みなさんもテレビや新聞でご覧になったと思います。その神戸製鋼のデータ不正の製品が、福島第二原発と日本原燃のウラン濃縮工場にも供給されていることが明らかになりました。
いま稼働している九州電力川内原発1,2号機、関西電力高浜原発3,4号機にも神戸製鋼の製品が使われているでしょう。いますぐ止めて、安全性を確認する調査・検査が必要です。原子力規制委員会に調査・検査を要請するために、あなたの署名が必要です。

神戸製鋼の製品は日本中の原発や原子力施設に供給されています。安全上重要な部品の強度に問題があれば、取り返しのつかない事故につながる可能性もあります。*1

原発の安全確保を行う原子力規制委員会が、来週水曜日に定例会議を行います。1日でも早く不安のある原発を止めて検査をすると、この会議で原子力規制委員に決めてほしい!そう考えて、その前日に、私たちは調査・検査を求めて署名を提出するためのアポを取りました。そこで、あなたの署名も提出します。いますぐ署名して、周りの方にもシェアしてください。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer