ニュース

『フタバから遠く離れて』の再上映記念トークショーに菅直人元首相と舩橋淳監督が登場

福島県双葉町の住民のドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』が再上映され、これを記念したトークショーに’菅直人元首相と舩橋淳監督が登場しました。

exciteニュース:菅直人元首相が原発事故の問題点を改めて指摘/『フタバから遠く離れて』トークショー
サーチナ:菅直人元首相が原発事故の問題点を改めて指摘/『フタバから遠く離れて』トークショー

『フタバから遠く離れて』は3月15日までオーディトリウム渋谷にてアンコール上映中です。
ひがし広場でも、4月6日にアンコール上映を行います。

明治公園集会での不当逮捕の瞬間

2013年3月9日(土)の明治公園集会での不当逮捕の瞬間の動画が公開されています。

福島県双葉町の町長選

井戸川克隆前町長の辞職に伴う福島県双葉町の町長選挙は3月10日に行われ、即日開票の結果、前町議伊沢史朗氏(54)が初当選となりました。

至急のお願い!明治公園集会での不当逮捕の抗議のお願い

こちらの件、逮捕された男性は釈放されたとのことです。


3月9日のさよなら原発・明治公園集会で、不当にも逮捕された70歳の男性は、
四谷署から、湾岸署に移されましたが、本日(3月11日)、釈放されました。

みなさまの迅速な、ご協力のおかげです。
ありがとうございました!!


ひがし広場のメンバーからの情報です。
至急拡散&アクションをお願いしたいことが発生しました。

概要は以下です^^;
①四谷警察署(03-3357ー0110)に電話を!
「昨日の明治公園集会での被逮捕者をすぐ釈放してください!&不当逮捕の抗議」の電話を
お願いします。
②集会主催者「さよなら原発1000万署名実行委員会」に、
逮捕者が出たことの情報公開と、即時釈放を求めて警察への抗議声明などの対処を、
早急にするように求めるメール等をお願いします。(「問合せフォーム」から記入を)
⇒「さようなら原発1000万人アクション」実行委員会

101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館1F 原水爆禁止日本国民会議 気付
 tel.03-5289-8224 fax.03-5289-8223

環境土壌学者がみる 福島原発事故  データで読み解く 土壌・食品の放射性核種汚染

「環境土壌学者がみる 福島原発事故 
データで読み解く 土壌・食品の放射性核種汚染」
(浅見 輝男 B5版 299ページ)

版型も大きく、図表カラーなどで、制作コストがかかり、
定価は6300円になってしまいましたが、全体の俯瞰では
被害の事実が客観的に浮かび上がる類書はないと思います。
また土壌学からの考察についても
「なるほど!」と専門家ではない立場でも思います。
世の中にあふれる情報の取者択一に悩まれる方にも
強くお勧めいたします。
HPに目次もアップしております。
http://www.agne.co.jp/books-books/ISBN978-4-901496-67-4.htm

重水素実験署名の結果のご報告と、再度のお願い

ひがし広場に寄せられた情報を転載します。

沢山のお力添えと、あたたかいお言葉を頂きまして 感謝の気持ちでいっぱいです。

本来ならばお一人お一人にありがとうございましたとお礼を申し上げるのが筋なのですが、
時間がそれを許さず、この様な形でのご報告となってしまい本当に申し訳なく思っております。
皆様から頂いた署名を団体様が多治見市長へ渡されたそうなので、ご報告させて頂きます。

本当にお陰さまで、署名総数が
28562名(電子署名分1450名)となりました。
信じられない気持ちです。

本当に、本当にありがとうございました。
どう感謝の言葉を述べて良いか分からない程です。

内訳が、多治見市 10340名(内 滝呂町 1751名)
岐阜県内 5028名(内 土岐市 783名 内 瑞浪市 256名)
県外 13154名
国外 40名
となります。

ですが、対照的にパブリックコメントでは中間報告の結果、肯定意見が58%となっています。

核融研:重水素実験 肯定意見は58% 多治見市パブコメ、中間報告を公表

2013年3月12日(火) 20:00〜21:00 CS朝日ニュースター「ニュースの深層」藍原寛子さんがゲスト

3月12日(火)のCS朝日ニュースター「ニュースの深層」(20~21時)は
ジャーナリスト、藍原寛子さんがゲストです。
http://www.tv-asahi.co.jp/newstar/contents/newsnoshinso/
■3/12(火)#236
「シリーズ大震災から2年(2)福島を取材し続けるジャーナリストの報告」
(ゲスト:藍原寛子 ジャーナリスト)
その中で、先日の月1原発映画祭の模様も一部放映されるそうです。

島根県で「県エネルギー自立地域基本条例」の制定に向けて直接請求の動き

島根県で、「県エネルギー自立地域基本条例」の制定に向けての直接請求が始まります。

・省エネルギーの推進
・再生可能エネルギーへの移行
・原発に頼らない地域の実現

8月〜9月に直接請求の署名集めを行うとのことです。

毎日新聞: 県エネルギー基本条例:直接請求で制定目指す 市民団体が今夏から署名 /島根
日本海新聞:「島根県エネ基本条例」制定向け直接請求へ 市民有志
中国新聞: 脱原発条例制定を直接請求へ

岐阜県内の核融合反応実験施設への同意書に反対を!

ひがし広場に寄せられた情報を転載します。

岐阜県内でもうすぐ核融合反応が起きる実験への同意書の調印が行われます。
※既に御存じでしたら申し訳ありません。

また、「実験」は口実で本当の目的は「高レベル核廃棄物埋設施設」だと言わ
れております。
※この地区はかつてウラン鉱山がありました。
地下に“研究施設”のある地区なら、搬入した放射性物質を線量計が感知して
も、「実験」を隠れ蓑にできます。

また、水爆の問題がつきまとう 本当に恐ろしい実験です。
ノーベル賞受賞者の小柴昌俊さんも、実験反対のお手紙を市長へ出されている
程なのです。

「重水素実験:核融合研の計画に小柴さん「反対」の手紙」
一部抜粋
手紙には「現在使われている核分裂の発電施設から発生する
中性子の10倍も高いエネルギーの中性子が出ることを防ぐ方法が全くない」
などと記され、小柴さんは毎日新聞の取材に「現状での実験は時期尚早」と話
した。

補足ですが、核融合科学研究所は1年間に4億円もの電気を使います。
補足ですが、核融合の研究は何故か復興予算を42億円使っています。(土岐
市の研究所ではありません)

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer