イベント報告

2013年12月14日(土) 江戸川市民立発電所見学レポート

江戸川市民立発電所見学レポート

2013年12月14日、江戸川市民立発電所にとりくむNPO法人足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ (通称:足温ネット)さんへ見学に行きました。

1997年、足温ネットは地球温暖化防止を地域で行うことを目指して立ち上がった団体です。江戸川区内に放置されているフロンガスを回収する活動を始めたところ、江戸川区が注目して事業化されることになりました。同年、世界各国が参加した京都での気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3京都会議)に出席、地域で市民ができることがあると訴えてきました。

省エネ

2003年からは省エネによる市民節電所の建設にも取り組んでおられます。省エネは余ったエネルギーを生み出していくという点で発電と同じ。省エネ電化製品を購入しようとする人に融資をしていくという「省エネ家電買い替えサポート事業」をはじめました。実際にエコワット(簡易電力表示器)を使って、年間にどのくらいの電気が使われているのかを測って現状を把握します。融資を受けて買い替えたあと、浮いた電気代を返還してもらうという仕組みです。買い替えによって電気代が約半分になったという結果が出ました。
このように省エネにとりくんでいくと、区内に発電所をつくった分くらいの効果が出ることが分かりました。
もともと生協の活動をしていた人や公務員、地域活動をやっていた人、反原発をやっていた人、自営業、サラリーマンなど、実にさまざまな人々が集まり会員は120人となりました。資金はアーティストからの出資でつくられたap bankという金融NPOから融資を受けて実施しています。これまでの成果をもとに節電ワークショップや学習会を開き足元からの取り組みを提案しています。

市民立発電所

地域で二酸化炭素を減らす別の方法として、二酸化炭素をださないエネルギーを自分たちでつくろうと思い立ったのが市民立発電所です。資金調達から建設や運営まで、すべて市民により行われるという発電所。現在、第一発電所と第二発電所の2つがあります。
1999年7月に完成した第一発電所は太陽光発電による出力5.4kWの発電所。
公共の場所へ設置するということで、区内の寺院へ設置しました。設置費用は590万円。助成金や市民からの寄付、電気代を前払いしてもらうという方法をとり、不足部分はNPOバンクから借り入れました。市民立発電所は江戸川という地域性、多様性を活かすことができます。売電収益をみんなで共有することができ、お金やエネルギーを地域で循環させていくことが可能です。特に第一発電所が設置されたころは固定買い取り制度が無かったため、環境への貢献分を自分たちで評価して、1kWh当たり33円を市民版グリーン電力証書として販売し、参加者には地域通貨を発行しました。これらの点をメガソーラーと比較してみましょう。メガソーラーは自社や株主、投資家のための収益優先で地域に進出してきますが、地域自体そこへ参画することができません。売電収益も地域には入ってくるしくみにはなっていないということもあげられます。実際には太陽光の7割が「メガソーラー」で占められています。
2013年6月「市民発電プロジェクトえど・そら」として、出力11.52kW 240W x 48枚 カナディアンソーラー製の太陽光パネルを江戸川区内高齢者施設の屋上に設置。同じく、出力10.58kW 230W x 46枚 パナソニック製の太陽光パネルを第一発電所のある寺院内に設置。
このうち高年齢者施設の屋上に設置した分が第二発電所となりました。

資金は合計で900万円。この資金を集めるため、当初は企業組合という形を検討していました。しかし企業組合として出資を募った場合には、出資は金融商品とみなされ、金融商品取扱事業者資格が必要となってくることがわかりました。また「出資」というかたちによらず、多くの市民から参加を募るために1口1万円として設定された「疑似私募債」という形をとることにしました。金銭消費貸借契約上は「金利をゼロ」として、元本を10年後に返済します。

利益がでたら?

9.1 さようなら原発講演会 動画

9.1 さようなら原発講演会 動画が公開されました。

落合恵子さんの講演

小出裕章さんの講演

ジンタらムータ

2013年8月31日 夏の都政わいわい勉強会

2013年8月31日に開催した夏の都政わいわい勉強会の報告が、
http://urx.nu/4YBYにアップされました。
当日の講義の様子は映像とレポートで、後半の質疑応答はレポートの形で、準備が
整い次第HPにて後日報告されます。
どうぞお楽しみに。

真実はどこに

7月20日の夜に、りんごアクションの一環として、谷中の家にて映画「真実はどこに」の上映を行いました。
映画の字幕を作成した藤本智子さん、ゲストとしてフクシマ・アクション・プロジェクトの竹内雅文さんをお招きしました。
この映画のテーマとなっている、本来人類の健康を守るはずのWHO「世界保健機関」は放射能が健康に与える影響に関して何もコメントしないというIAEA「国際原子力機関」との取り決めについて、その背景などについて興味深い話をうかがえました。この映画の冒頭に登場する放射能により病気になった女の子は、映画撮影の二三ヶ月後に亡くなられたそうです。

真実はどこには、YouTubeでも公開されています。お見逃しになった方はぜひ以下のページよりご覧ください。

2013年5月2日(木) 都政わいわい勉強会in西東京市の報告

都政わいわい勉強会in西東京市の動画・レポートを公開しました。
こちらのページをご覧ください。

当日の様子は、5月3日の東京新聞に掲載されました。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20130503/CK2013050302000121.html

都政わいわい勉強会終了しました

ひがし広場で 今回都政わいわい勉強会PJを実行させていただきました。

13日には約40名近くの方にご参加いただき、約1年ぶりにお会いできた嬉しい再会もありました。

14日も遠くからおいでくださった方がいらっしゃいました。結局自公からは誰も参加が無かったので
ギャラリーとしての参加人数も少なく申し訳なかったのですが・・。

今、いただいた感想や写真をHPにUPしましたのでぜひご一読ください。
http://higashihiroba.jimdo.com/

映像・ディスカッションレポートに関してはただいま作業中で5月初旬には
掲載予定です。
※掲載したらまたお伝えします
今回のイベントにはご都合がつかなかった
北区・文京区・台東区の地元有権者の方は都議選前にぜひご参照ください。

※結構聞きなおしてみると、議論がかみ合っていない???というのが鮮明になって
面白かったです。

ツイッターやFBなどでの情報拡散もどうぞよろしくお願い致します。
ツイッター:@toseiwaiwai
FB:都政わいわい勉強会

2013年2月11日(月) 130211アカデミズムは原発災害にどう向き合うのか

2013年2月11日(月)の東大で行われたシンポジウム「アカデミズムは原発災害にどう向き合うのか」の動画が公開されています。

130211アカデミズムは原発災害にどう向き合うのか

11月11日(日) 国会、官邸周辺大包囲行動の報告

11日の反原発官邸・国会周辺大包囲行動に、
参加してきました。
ご参加のみなさん、お疲れ様でした。
夕方からの雨、冷たかったですね。

東京都が集合場所日比谷公園の使用を許可せず、デモができず。
最近の金曜日の夜は参加者が減っていたので、
1000000人??大丈夫?と、案じていましたが、
安心しました!

冷たい雨の中、全国から、職場から、家族で、個人で、、。
友人たち、ひがし広場からの参加者とも会いました^^

日曜の夕方から夜の時間帯にもかかわらず、
たくさんの参加者が続いていました。初参加の人も多かったようです。
さすがに、19時のNHKニュースでも報じましたね^^。

国会・官邸・官庁街・広い範囲に抗議場所が分散したため、
全体で何人?は、不明でしたが、
NO Nuclear!
大飯原発、即時停止!
子どもを守れ!に加えて、
東電が賠償金などの上乗せ国民負担を新たに求めたこと、
復興予算の流用問題などなど、
政府、電力会社への抗議、批判の手書きパネルなどに、
ソーラーライトをつけたり、工夫して暗闇を照らしていました。

そして、原発のない社会へのチャンス。都知事選挙!
脱原発統一候補に推され立候補表明したばかりの
宇都宮けんじさんへのエール手書きボードもかなり、見ました^^

毎週金曜の夜。

11月3日(土) ひがし広場の定例勉強会の報告

今日は ひがし広場の定例勉強会がありました。

報告させていただきます。

参加された方はお疲れ様でした。

参加者は9名、カンパもいただき、
参加費+カンパで3100円 費用1400円を差し引き
残りを プール金に追加させていただきました。
ありがとうございました。

内容を報告いたします。

前半
・住民運動によって原発建設を阻止した
三重県南島町の資料映像を見て、今後の活動について意見交換。

著作権の関係があり、映像の詳細内容は控えさせていただきますが、とても
よい映像資料でした。

映像資料の感想の一部をご紹介
・(原発建設に対して)安全じゃなくても結果として安全だったとしても、何か事故があったときのことを
 考えて反対する人と、賛成する人に多大な精神的経済的に打撃を与える・・、人生をまさにこれに
 消耗されて翻弄されてしまうということ。原発が安全とかそうじゃないとかそういう次元の話ではないことがよく分かる。

・60年代 漁業が地元で黄金時代だったときの漁民の建設反対へのエネルギーがものすごく、映像からもエネルギーがにじみ出ていた。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer