イベント案内

2019年5月24日(金) 選挙供託金違憲訴訟第13回裁判 判決傍聴

<供託金違憲訴訟第13回裁判 判決の傍聴のお願い>

歴史的判決が出されるか?!ぜひその瞬間に、傍聴席で立ち会ってください。

■日時:5月24日(金)15:00開廷

■場所:東京地方裁判所103号法廷
    直接裁判所へお越しください。20分前に整理券配布の場合があります
    地下鉄「霞ヶ関駅」A1番出口すぐ(丸ノ内線、日比谷線)
        http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/

■入廷アピール 14:10〜14:30
東京地裁前(霞ヶ関駅A1出口前)

■記者会見(裁判終了後・司法記者クラブ)

■報告会 裁判終了後
報告会会場にて記者会見をライブ配信予定。
弁護団が駆けつけ次第、報告会を行います。
会場:弁護士会館(予定)

■弁護団よりメッセージ

平成28年5月に提訴した本訴訟ですが、12回の口頭弁論期日を経て、
5月24日15時から東京地裁103号法廷で判決言渡しがなされます。
市民の政治参加を拒んでいる選挙供託金制度を現状のまま放置しておいて良いのか、
日本の民主主義にとって重要な司法の良識が問われる判決になります。
是非、判決言渡しの傍聴にお越し下さい。

■署名について

2019年4月29日(月) 社会主義理論学会第30回研究集会

社会主義理論学会第30回研究集会

共通テーマ 「社会主義像の探究」

日時:4月29日(月、休日)午後2時より
会場:明治大学駿河台校舎リバティタワー7階1075教室 
JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」下車徒歩約3分   
アクセスマップ https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
キャンパスマップ https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
※いつもと会場が異なっていますのでご注意ください。

<報告>
●稲垣久和 (東京基督教大学特別教授、賀川豊彦シンポジウム実行委員)
「賀川豊彦の社会主義論」
●斉藤日出治 (大阪労働学校・アソシエ学長)
「市民社会から社会主義を考える-マルクスの資本主義認識」

資料代:500円(会員無料)

主催:社会主義理論学会
      http://sost.que.jp/

※学会の会員でない方も参加できますので、ご関心のあります方は
 ぜひご参加ください。

2019年3月30日(土) 戦争と学問―明治大学から平和を考える―

長年日本の考古学界を牽引してこられた第一人者・大塚初重明大名誉教授が、九死に一生を得て生還された壮絶な戦争体験と、そしてその後の人生を皇国史観から脱却して「正しい歴史を学び教える」ことにかけられた熱い思いを、土屋恵一郎明大学長を相手に余すところなく語ってくださいます。
今回は、市民の方々にはもちろんのこと、研究者の方々にも是非お聞きいただきたい催しです。
是非一人でも多くの方にご来場いただけると幸いです。

        「戦争と学問―明治大学から平和を考える―」

       大塚初重名誉教授X土屋恵一郎学長対話講演会

日時:3月30日土曜日 14:00~(13:30開場)

場所:明治大学駿河台キャンパス グローバルホール(グローバルフロント1F)
主催:明治大学文学部
後援:明治大学学長室、明治大学専任教授会連合会、明治大学教職員組合、明治大学社会連携機構、平和と人権を希求するオール明治の会
https://allmeijiagainstsrb.wixsite.com/all-meiji

2019年4月10日(水) 変えよう選挙制度の会・2019年4月例会

変えよう選挙制度の会・2019年4月例会のご案内

日時:4月10日(水)18:30~20:30

テーマ:「韓国政界を揺るがす選挙制度改革~小選挙区比例代表併用制を基本に~」
      
報告者:田中 久雄(変えよう選挙制度の会代表)
      紅林 進(フリーライター)
  報告の後に参加者のみなさんと意見交換します。

会場:東京ボランティア・市民活動センター 会議室B
 
    (飯田橋・セントラルプラザ(庁舎棟)10階)
        アクセス・地図 http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access
        JR飯田橋駅西口仮駅舎を出たら市ヶ谷方面に進み、交番を右折、
        牛込橋を渡り右側に見える茶色のビルがセントラルプラザです。
      車イスなどをご利用の方は、エレベーターのある東口をご利用
        ください。

参加費:500円

★申し込みは不要とさせていただきます。
  直接会場までお越しください。

主催:変えよう選挙制度の会
        URL: http://kaeyo-senkyo.tumblr.com/
        フェイスブック: https://www.facebook.com/kaeruelesys

2019年3月30日(土) 誰のための水道民営化? 映画「最後の一滴まで」& トーク

【要予約】誰のための水道民営化? 映画「最後の一滴まで」& トーク in 杉並(東京・杉並区阿佐谷)
(ソシアルシネマクラブすぎなみ vol.36)
 **********************
◇日 時 2019年3月30日(土)開場 17:00 開始 17:30
◇会 場 阿佐ヶ谷地域区民センター 第4・第5集会室
http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/katsudo/center/1006943.html

JR中央線「阿佐ケ谷駅」(南口)徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ケ谷駅」徒歩7分

◇映画上映「最後の一滴まで~ヨーロッパの隠された水戦争~」
 予告編 https://youtu.be/xTrRCxO1848

◇クロストーク
 講 師:内田聖子さん(アジア太平洋資料センター PARC 共同代表)
 ゲスト:三雲 崇正さん(新宿区議会議員・弁護士)
      奈須りえさん(大田区議会議員・政策アナリスト)
      辻谷貴文さん(全日本水道労働組合書記次長)

◇参加費 前売り 1000円 当日 1300円
◇予 約 要
◇予約方法 ①お名前 ②人数 ③メールアドレスを記入し、
      以下のアドレスまでメールにて連絡ください。

2019年3月23日 (土) 築地市場移転問題を振り返る報告集会

築地市場移転問題を振り返る報告集会「わたしたちは何をし、何をできなかったのか、そして今後何をしなければならないのか」

日時:3月23日(土曜日)
場所・豊洲市場7街区管理施設棟1階 豊洲市場・講堂
      東京都江東区豊洲6丁目6−1
    アクセス http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/access/index.html

11時30分・開場
12時30分〜開演 15時終了予定
参加無料
主催:私たち築地女将さん会、守ろう! 築地市場パレード実行委員会、東京中央市場労働組合

豊洲市場への移転から、約半年が経とうとしています。私たち築地女将さん会、守ろう! 築地市場パレード実行委員会、東京中央市場労働組合は、築地市場の移転を中止にすることを目標に頑張ってきましたが、残念ながら力及ばず、このような事態となってしまいました。私たちに期待をしてくれた皆さんには、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

2019年3月29日(金) 宇都宮けんじ『天皇制ってなんだろう?』出版記念講演会

─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─・─・─・─・
宇都宮けんじ『天皇制ってなんだろう?』出版記念講演会@江東区
─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─・─・─・─・
宇都宮けんじの新刊『天皇制ってなんだろう あなたと考えたい民主主義から見た天皇制』
の出版記念イベントです。近隣の方、ぜひお出かけください。

【日時】2019年3月29日(金)18:00開場 18:30開演 
【場所】江東区総合区民センター2Fレクホール(東京都江東区大島4丁目5−1)
 JR総武線「亀戸」駅北口より徒歩15分
 都営地下鉄新宿線「西大島」駅より徒歩1分
https://www.kcf.or.jp/sogo/
【料金】500円(資料代 高校生以下無料)
【登壇者】宇都宮けんじ
【主催】市民と政治をつなぐ江東市民連合
https://www.facebook.com/kotoshiminrengo/
【連絡先】090-6034-0245(岡田)

─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・
【予約優先】宇都宮けんじ『天皇制ってなんだろう あなたと考えたい民主主義から見た天皇制』出版記念イベント

2019年3月8日(金) 立憲デモクラシー講座特別編

立憲デモクラシー講座特別編
http://constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/

シンポジウム

民意と国策ー辺野古新基地建設と沖縄県民投票から考える

日時:3月8日(金)18:00-20:30(17:30開場)

場所:早稲田大学(早稲田キャンパス)3号館 501教室(300席)

アクセス:http://www.waseda.jp/student/koho/13_access_2018.pdf

出演者:
鳥山淳(沖縄国際大学総合文化学部教授。『沖縄/基地社会の起源と相克
1945-1956』など)

猿田佐世(新外交イニシアティブ(ND)代表。弁護士。『自発的対米従属』など)

元山仁士郎(「辺野古」県民投票の会代表。一橋大学大学院社会学研究科修士課程在籍)

◆入場無料、申し込み不要、先着順
・どなたでもこ受講になれます。ふるってご参加ください。

2019年3月14日(木) 官邸前で抗議 知る権利と取材・報道の自由のために

3月14日。知る権利と取材・報道の自由のためにご一緒に。
新聞労連などがよびかけ。

3月14日18:45~19:45 官邸前で抗議。

【拡散希望】#0314知る権利
首相官邸の質問制限問題について、マスコミ関連労組の主催で3月14日(木)に官邸前行動を行います。18:45開始予定。菅義偉官房長官は頑なですが、一緒に声をあげ、みんなの「知る権利」を奪う行為をやめさせましょう。ご参集よろしくお願いします!
#質問できる国へ

新聞労連委員長 南彰さんのツイッター
https://twitter.com/MINAMIAKIRA55

2019年2月26日(火) 白石孝さんの「韓国・ソウルの最新事情」報告会と下記キックオフ集会

白石孝「韓国・ソウルの最新事情」報告会&東アジアの平和を市民交流・連帯で実現させるアクションキックオフ

「日韓関係は最悪に」と日本ではさかんに報道されていますが、今の韓国については
ほとんどその事実が伝えられていないのが実態です。
 2011年10月からスタートしたパク・ウォンスンさんが市長になったソウル市政、
世界でも例がないほど平和裏に政権交替を実現させた韓国の社会運動、そして17年
5月に発足したムン・ジェイン政権について、日本社会はどこまでその実相を知って
いるのでしょうか。
 昨年3月に『ソウルの市民民主主義~日本の政治を変えるために』を発刊、6度に
わたってソウル市政を中心に韓国調査ツアーを実施した白石孝さんから、「今の
韓国を伝え、日本はそれをどう受けとめるのか」のお話しをしていただき、また
ツアー参加者からも発言していただく会を開催します。
 また、「学習会」だけでなく、東アジアの平和を市民交流・連帯で実現させる
ためのアクションのキックオフも兼ねた会にします。

・日 時  2019年2月26日(火)午後6時30分~8時30分 6時開場
・会 場  文京シビックセンター3階「第1会議室」

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer