ニュース

上映情報『ナオト、いまもひとりっきり』

福島県富岡町で取り残された動物たちと暮らす、松村直登さんを追った映画が公開さ
れます。

『劇場版 ナオト、いまもひとりっきり』
https://youtu.be/rtU84KZYNIY

撮影・監督・編集:中村真夕/出演:松村直登、松村代祐、半谷信一、半谷トシ子、富岡
町の動物たち
2023年/106分/日本/カラー/製作・配給:Omphalos Pictures、Siglo
2月25日(土)より、シアター・イメージフォーラム(渋谷)にて公開
https://www.imageforum.co.jp/theatre/movies/6095/

2/25(土)10:45の回、20:20の回 舞台挨拶 中村真夕監督
2/26(日)10:45の回上映後 トークショー ゲスト:金平茂紀さん(ジャーナリスト)、
中村真夕監督
3/4(土)20:20の回上映後 トークショー ゲスト:武田砂鉄さん(ライター)、中村真
夕監督
3/5(日)10:45の回上映後 トークショー ゲスト:石川梵さん(写真家)、中村真夕監

3/12(日)10:45の回上映後 トークショー ゲスト:松元ヒロさん(コメディアン)、中
村真夕監督

*松村直登さんには、 第26回月1原発映画祭(2014年6月7日)で谷中の家にお越しい
ただき、ジャーナリストの藍原寛子さんと対談していただきました。
対談の動画はこちらから見ることができます。
http://www.jtgt.info/?q=node/544
(この時上映した映像は、中村真夕監督の作品ではありません)

https://youtu.be/lpLfvViw0jk

「汚染水はなぜ流してはならないか」小出裕章講演会

「汚染水はなぜ流してはならないか」小出裕章講演会
https://youtu.be/nxpVO0bL5X8

「汚染水はなぜ流してはならないか」小出裕章講演会
日時:1月21日(土)13:00~15:30
会場:三春交流館まほら大ホール
主催:小出裕章講演会実行委員会

00:00 開会あいさつ
00:40 武藤類子実行委員長あいさつ
  「原発汚染水はなぜ流してはならないか 〜これまでの経過と市民の活動〜」
13:25 小出裕章さん講演
1:18:00 福島からの声 小野春雄さん(新地町)
1:30:17 福島からの声 片岡輝美さん(会津若松市)
1:41:35 質疑応答
2:13:20 閉会挨拶

大学・高校での映画『アリ地獄天国』無料上映会キャンペーン開始!

私が監督を務めましたドキュメンタリー映画『アリ地獄天国』。
先日、都立王子総合高等学校の3年生に
本編上映と10分ほどのトークをさせていただく機会を得ました。
https://twitter.com/ojisogo/status/1613431625253281795

感想を抜粋すると
「会社は悪質でひどい」
「なんのために”ブラック”なルールを作って経営しているのか、謎。恥ずかしくなった」
「映画ではうまくいっていたけれど、ほとんどは利用されて捨て駒にされる、弱肉強食の世界であるという事実も知っている」
「他の高校でも上映と公演をしていってほしい。一人でも多くの若者に知ってもらいたい内容」

私が想像していた以上に、真剣に本作を観て、考えてくださったことを知りました。
これから社会に出ていく若者にこそ観てもらいたい。
決意を新たに、大学・高校など教育機関での
『アリ地獄天国』無料上映会キャンペーンを期間・学校数限定で開始します。
________________________

ドキュメンタリー映画『アリ地獄天国』
大学・高校など教育機関における
無料上映会キャンペーン!
________________________

●詳細
2023年2月1日(水)受付開始
先着10校まで『アリ地獄天国』の上映料は無料です。

原発「原則40年」の削除反対の署名

原発はまだまだ人の手で制御できません。
今原発の運転は「原則40年」とされていますが、その規制を削除しようとし
ています。

「原則40年」の規制を削除する危険に反対の署名と拡散を願います。
https://forms.gle/6vaxgiDBXY6DJTz87

日本共産党が歩んできた歴史と、それを受け継ぐ若い世代の姿を映し出すドキュメンタリー映画「百年と希望」公開(9/1~ 東京・田端)

9/01 日本共産党が歩んできた歴史と、それを受け継ぐ若い世代の姿を映し出すドキュメンタリー映画「百年と希望」公開(9/1~ 東京)
関連: https://maga9.jp/220615-1/
  (西原孝至さんに聞いた:もっとも身近でもっとも遠い日本共産党の今とこれから~映画『百年と希望』)

百年と希望
劇場公開日:2022年6月18日

解説(映画.com: https://eiga.com/movie/96778/ )
 創立100周年を目前にした日本共産党の現在を取材したドキュメンタリー。
 2022年7月15日に創立100周年を迎える日本共産党。
 新自由主義を推し進める自由民主党が長く政権を担う日本で、左派政党として独自の立
ち位置を貫いてきた。
 コロナ禍の2021年、99年目の日本共産党にカメラを向け、夏の東京都議会議員選挙と秋
の衆議院総選挙をめぐる議員たちの活動、入党60年を超える古参党員、共産党機関紙「し
んぶん赤旗」編集部、若い世代の支援者などを取材。
 彼らの姿を通して現在の日本社会を浮き彫りにし、新しい社会の可能性とその希望につ
いて問いかける。
 「わたしの自由について SEALDs 2015」などのドキュメンタリー作品で知られ、2010年

国会前で国葬抗議集会に4000人

・東京新聞「なぜ税金」「死者を神格化する儀式」…安倍元首相の国葬に抗議する人たちの思いは 国会前に4000人【動画】
https://www.tokyo-np.co.jp/article/199156?utm_source=newsshowcase&utm_me...

・【安倍元首相の“国葬”】国会前で中止求めるデモ
https://youtu.be/mHxNOjZHSUg

・「国葬やめろ」「国会開け」の声をあげよう 2022.8.31
https://youtu.be/3vjF2OYW4mI

映画『原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち』2022年9月公開

映画『原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち』2022年9月公開

https://saibancho-movie.com

企画制作:河合弘之『日本と原発』シリーズ『日本と再生』
監督:小原浩靖『日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人』
音楽:吉野裕司 Music studio Ram
主題歌:白崎映美

YouTube予告編
https://youtu.be/AlLlePkIcdE

・毎日新聞:映画になった元裁判長「原発で最高裁なぜ動かない」
https://news.yahoo.co.jp/articles/01808f10b2ae056a7fc595bcae4bfceb7df5d2c9

私たちは農と食が国家主義・排外主義の枠内で語られることを拒否します

賛同のお願いです。 

「私たちは農と食が国家主義・排外主義の枠内で語られることを拒否します」

若い人を中心に、急進した「参政党」の公約に物申す!彼らの目指すものは、真の有機農業ではない!有機農業は排外主義とは与しません。

-------------------

・私たちは農と食が国家主義・排外主義の枠内で語られることを拒否します

の賛同者を募っています。 下記一部抜粋です。全文は下記のURLから

「はじめて選挙に登場した参政党が、大量の候補者を立て、当選者を出し政党要件を獲得するという出来事がありました。同党は三つの主要公約の一つに「化学的な物資に依存しない食と医療の実現と、それを支える循環型の環境の追求」を掲げ、有機農業や食の安全に関心をもつ人たちの中に小さなブームを巻き起こし票を集めたのです。」

それに対し、長年有機農業の普及と実践に努めてきた人々から、有機農業が目指すものと違うと声が上がり声明を発表しました。賛同者を募っています。

賛同していただける方は下記へ。

◆事務局担当 ・大野和興 ・天明伸浩

◆お問い合わせ・連絡先

(賛同いただける個人・団体は下記にご連絡ください。)

メールアドレス rural★kind.ocn.ne.jp ←★を@に置きかえてください。

電話 050-3569-8757

FAX 0494-25-4781

全文はこちらのURLから

https://note.com/starvalley/n/n207f44f82da5?magazine_key=m595978030299&f...

ソビエト連邦最大の労働者蜂起の悲劇「ノボチェルカッスク事件」を描いた映画「親愛なる同志たちへ」公開(8/12~25 東京・Morc阿佐ヶ谷)

すでにご覧になられた方もおられるかもしれませんが、旧ソ連の1960年代初頭(フルシチョフ政権期)にウクライナで起こった、ソ連邦最大の労働者蜂起の悲劇「ノボチェルカッスク事件」を描いた映画「親愛なる同志たちへ」が現在上映されています。
東京を含め、すでに4月から全国で上映されてきたのですが、私は観逃してしまい、やっと昨夜、観ました。現在は東京・杉並区・佐ヶ谷の映画館「Morc阿佐ヶ谷」で上映されています。8月12日(金)~ 8月25日(木)までの上映予定とのことです。1日1回のみの上映で、前半(夜)と後半(午前)とで上映時間が異なります。

「親愛なる同志たちへ」予告編 https://www.morc-asagaya.com/film/親愛なる同志たちへ/
Morc阿佐ヶ谷ホームページ https://www.morc-asagaya.com/
Morc阿佐ヶ谷 アクセス  https://www.morc-asagaya.com/#access

上映日時
8/12(金)〜8/25(木)
8/12(金)〜8/18(木) 21:00-23:05
8/19(金)〜8/25(木) 10:30-12:35

(以下、内容紹介、レイバーネットのイベントカレンダーより)

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer