イベント案内

2014年6月6日(金) 第3回希望政策フォーラム 「国家戦略特区は、何を狙うか」 どうなる!?東京の暮らし 医療制度は? 雇用が変わる? 国家戦略特区って何?

第3回希望政策フォーラム
「国家戦略特区は、何を狙うか」
どうなる!?東京の暮らし
医療制度は? 雇用が変わる? 国家戦略特区って何?

宇都宮けんじと市民が一緒に都政の問題を考 えながら対話を重ねて、
共に政策をつくり上げてい く希望政策フォーラム。その模様はインター
ネットで中継し、 会場からの意見や Twitter などで寄せられた意見も
取り入れながら議論を進めていきます。(ハッシュタグ #UKask)
第 3 回目の今回は、「国家戦略特区」を取り上げます。 東京都 23 区
のうち 9 区が指定となり都民の生活に大 きな影響を及ぼすことが必至
なこの法案の概要や現 状、私たちの暮らしが具体的にどう変わるのか
など を考えながら話し合っていきます。

◇出演◇
宇都宮けんじ(弁護士、日弁連前会長)
多重債務問題、消費者金融問題の 専門家。宮部みゆきの小説『火車』
に登場する弁護士のモデル。反貧困 ネットワーク代表や年越し派遣村
名誉村長を務めるなど「たたかう弁護士」として知られる。 2013 年に続き
2014 年都知事選に出馬、982,594 票を集め、2位に。
Twitter:@utsunomiyakenji

奈須りえ(前大田区議)
前大田区議会議員

2014年5月23日(金) 大飯原発3,4号機運転差し止め判決報告会

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
脱原発に向けた大きな前進!
ついに勝った!大飯原発差止訴訟!
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・
5月21日、大飯原発3.4号機の運転差止判決がいいわたされました。
2006年3月24日の運転差止判決(志賀原発2号機、金沢地裁井戸裁判長)以来の勝訴判決となります。
司法も「原発安全神話」の中にあり、原発訴訟は国策である原発推進を追従してきました。
3・11以降、初めての司法判断(本案において)は極めて大きな意味を持ちます。
政府の性急な再稼働への姿勢に対して、この判決は脱原発への大きな1歩となります。
この判決を全国の脱原発のうねりにつなげるため院内集会を開催します。

■日時:5月23日(金)15:00~17:30
※通行証14:30配布予定
■会場:衆議院第一議員 会館大会議室          
■出席:
原告団から:中嶌哲演★確認、奥出春行、松田正
福井「大飯原発3,4号機運転差止請求事件」弁護団、脱原発弁護団全国連絡会から:笠原一浩・鹿島啓一・河合弘之・海渡雄一・内山成樹
ミサオ・レッドウルフ(反原発首都圏連合)、後藤政志(NPO法人APAST理事長)、満田夏花(国際環境NGO FoE Japan)ほか
国会議員
■内容:裁判の報告・今後の動き

2014年5月20日(火) 秘密保護法監視は可能か―議員団報告書を踏まえて―

秘密保護法監視は可能か―議員団報告書を踏まえて―

日時 2014年5月20日(火)17時~18時

   前半 議員団報告書の検討(弁護士からの発表を予定)
   後半 パネルディスカッション(予定、海渡雄一弁護士ほか。
      議員団として調査を行った国会議員も参加予定)

場所 衆議院第2議員会館第1会議室(地下1階)
資料代 500円

2013年12月6日に特定秘密保護法が成立しましたが、この法律は、
市民の知る権利や報道機関の報道の自由・取材の自由を侵害するおそれが高いなどの多くの問題が指摘されています。

2014年1月中旬、国会議員の調査団(衆議院 欧米各国の情報機関に対する議会監視等実情調査団)がアメリカ、イギリス、ドイツに訪問し、特定秘密保護法に関する議会等による監視につき調査を行い、その報告書が同年4月下旬に出されました。

このたび、上記の報告書の検討を行うとともに、国会等による秘密保護法の監視は本当に可能かを改めて検討し、同法につき、廃止を含めた今後あるべき方向性を考えます。

主催 秘密保護法対策弁護団、その後の秘密法ウォッチャーズ
ご連絡・お問い合わせ 藤原家康法律事務所 電話03-6261-3881

2014年5月26日(月) eシフト セミナー「原発事故子ども・被災者支援法」と「避難の権利」

-----------------------------------------------------------
☆ 5/26 eシフト
セミナー ☆
「原発事故子ども・被災者支援法」と「避難の権利」
http://e-shift.org/?p=3023
-----------------------------------------------------------

6月21日で、原発事故子ども被災者支援法の成立(2012年)から丸2年です。
事実上「避難の権利」を認めた同法の成立は、市民運動の成果の一つでした。

しかし、その後1年以上、具体的な施策に向けた動きは止まり、
ようやく出された基本方針は骨抜きのまま閣議決定・・・。

これまでの経緯を振り返り、住宅支援、健康診断、保養など、
被災者をとりまく現在の状況について考えます。

●日時: 2014年5月26日(月)19:00〜21:00
●場所: パルシステム連合会本部会議室(2F)
http://www.pal.or.jp/group/gaiyou/honbu.html
新宿区大久保2丁目2-6
ラクアス東新宿(TEL.03-6233-7200)
地下鉄各線「東新宿駅」徒歩約5分]
JR山手線「新大久保駅」徒歩約10分

●プログラム(予定)

2014年5月18日(日) 第9回市民力向上講座 「学童保育の今とこれから」 〜世代をつなぐ、地域で暮らす〜

私たちが暮らしていくこのまちで、一人一人が考え、
行動する力を身につけようと、
【市民力向上講座】を立ち上げました。その第9回を開催します。
ふるってご参加ください。
<文京区学童保育連絡協議会の会長、下村功氏から、学童クラブなどの現状と
子供たちをめぐる課題についてうかがえる貴重な機会です。お見逃しなく!>

===============
第9回市民力向上講座
「学童保育の今とこれから」
〜世代をつなぐ、地域で暮らす〜
===============

台東区谷中、築53年の木造民家を耐震改修再生した住宅で、
まちまちnet 主催、第9回
(第2期共通テーマ:「世代をつなぐ、地域で暮らす」第3回) 
「市民力向上講座」 を開催します。

■日時:5月18日(日)14時〜16時
■講師:文京区学童保育連絡協議会会長
    下村功氏
■会場:「谷中の家」=東京都台東区谷中3-17-11
http://www.jtgt.info/sites/default/files/2013-05-14.jpg

*学童保育の子供たちと一般の子供たちを、一括でめんどうをみるという
 全児童対策が、台東区をはじめ各自治体で検討されたり、
 はじまったりしています。そのあたりの事情をお聞きしつつ、

2014年5月13日(火) ★ STOP TPP!! 官邸前アクション ★

================================
★ STOP TPP!!
官邸前アクション ★
  5月13日(火)18:00~20:00
  http://tpp.jimdo.com/
================================

■■ 12日~15日
首席交渉官会合/19・20日 閣僚会合 ■■

≪ 「公約・国会決議破りの合意は許さない!」「もうやめろ!TPP交渉」が世論です ≫

 先の日米首脳会談でも「大筋合意」とならなかった日米協議。今アメリカ政府は、
日米関税協議の「進展」を材料に、12カ国の「大筋合意」をめざして動き出しています。
 衆参農水委員会や自民党の決議は、農産品5品目など「聖域」が確保できなければ「脱退も辞さず」であり、これが国権の最高機関たる国会の意志であり、国民との約束
です。日豪EPA「大筋合意」のような国会決意破りは絶対に認められません。すでに
日本政府は、TPP交渉でも、譲歩に譲歩を重ねていると伝えられています。しかも、
交渉分野は、関税問題だけではありません。「情報開示と国民的議論」も、国会決議
の重要な柱です。情報開示もないまま、ルール問題での「合意」に突っ走ることも許さ
れません。

2014年5月14日(水) 「TPPに反対する人々の運動」連続講座第2回

「TPPに反対する人々の運動」では、4月〜7月にTPP問題で4回連続講座を
開催しています。
その第2回を「農業改革の動きとTPP問題」をテーマに、5月14日(水)に開き
ます。
どなたも参加出来ます。また、単発参加でも結構です。多くの方の参加をお待
ちしています。

以下、転送、転載をしていただければ幸いです。

≪「TPPに反対する人々の運動」連続講座第2回≫ご案内
 「すでにはじまっているTPP!その実態を暴く」

TPP交渉は、日米協議が「実質合意」したとも報道されています。しかし、すでに
国内では様々な分野で実質的なTPP体制が進んでいます。「規制緩和」の名のもと
に、農業・労働・福祉・医療などで「世界一企業活動がしやすい国をめざす」動きが
現実のものになっています。「TPPに反対する人々の運動」は、経済のグローバル
化のもたらす問題をTPPとも合わせて検討する連続講座を開催しています。

《第2回》テーマ「農業改革の動きとTPP問題」
日 時 5月14日(水)午後 6時30分〜8時30分
場 所 連合会館(旧総評会館)5階501会議室(地下鉄「新御茶ノ水駅」・JR
「御茶ノ水駅」下車)
   地図はこちら 
http://rengokaikan.jp/access/
お 話 柚木茂夫さん(全国農業会議所事務局長)

2014年5月15日(木) 9回連続講座:市民による国際連帯運動の拡がりをー核の廃絶をめざして

NNAAとタンポポ舎の共同企画、
9回連続講座:市民による国際連帯運動の拡がりをー核の廃絶をめざして

第一回目 
題目:私が経験したトルコの現状
講師:土田久美子さん(日本語教師)
日にち:5月15日(木) 午後7時(開演6時半)
場所:タンポポ舎
http://www.tanpoposya.net/main/index.php?id=336
東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL: 03-3238-9035
プロファイル: 1961年8月20日生誕
学生結婚、間もなく病気、離婚。2児の子育てが終わり63歳。日本語教師
として、トルコへ、ボランティア活動を開始。世界市民運動の開始。『何でも
見てやろう』との目で…異文化に触れることは世界平和に繋がるとの精神で、
異文化の人々との対話を大切に交流をしている。

第二回目
題目:台湾の第4原発の闘争の歴史と現状(仮題)
講師:陳威志(ダン・ウィジ) 台湾留学生
日にち:6月12日(木)
場所:タンポポ舎

第三回目
題目:韓国の反原発運動の歴史と現状(仮題)
講師:李大洙(イデス)牧師
日にち:6月24日(火)
場所:タンポポ舎

その後、以下の講師は決定です。日程は決定次第お知らせします

2014年5月15日 ルワンダ虐殺20年追悼 特別上映会 「映画が伝えるルワンダ虐殺」

ルワンダ虐殺20年追悼
特別上映会
「映画が伝えるルワンダ虐殺」
http://www.cinemaafrica.com/
http://www.cinemaafrica.com/?page_id=1690

場所:なかのZERO(小ホール)
    JRまたは東京メトロ東西線の中野駅南口から徒歩8分
        地図
http://www.nicesnet.jp/access/zero.html

● 5月15日(木)19時~「ルワンダの涙」
 * トークイベント 宮台真司氏(社会学者、映画評論家。首都大学東京教授)
   ×
吉田未穂(シネマアフリカ代表)
● 5月23日(金)18時20分~「イセタ」
 *Q&Aコーナー
駐日ルワンダ大使チャールズ・ムリガンデ氏が客席からの質問
  に答えます
● 5月23日(金)19時30分~「故郷」
● 5月24日(土)18時20分~「四月の残像」
 *トークイベント
大津司郎(フリージャーナリスト) × 吉田未穂(シネマアフリカ代
表)

入場無料(予約なし)。10分前開場

---------------------------------------------
上映作品は4本。ルワンダ虐殺関連映画では決定版ともいえる『四月の残像』

2014年5月10日(土) 秘密保護法国際シンポジウム -米安全保障専門家が語る 知る権利と秘密保護のあり方-

5/10(土)秘密保護法国際シンポジウム 
-米安全保障専門家が語る 知る権利と秘密保護のあり方-

・日時 5月10日(土) 17時~20時
・場所 弁護士会館2階講堂「クレオ」ABC
(地下鉄霞ヶ関駅B1-b出口直結)
・参加費無料/事前申込不要
・内容 講演 モートン・ハルペリン氏
   対談 西山太吉氏(元毎日新聞政治部記者)
・コーディネーター
 土江真樹子氏(元琉球朝日放送記者)
 海渡雄一(日弁連秘密保護法対策本部副本部長)
・主催 日弁連
・問い合わせ先 日弁連 法制部法制第一課
TEL:03-3580-9977 FAX:03-3580-9920
http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2014/140510.html

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer