イベント案内

2015年1月27日(火) 1・27盗聴法大改悪に反対する市民の集い

1・27盗聴法大改悪に反対する市民の集い

■とき 2015年1月27日(火)18:30-21:00
■ところ 文京区民センター 3A集会室
(都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分)
■集会内容  
お話し 山下幸夫さん(弁護士)    
    「盗聴法大改革と監視社会」
報告  角田富夫さん(盗聴法に反対する市民連絡会) 
    「日本版プリズム狙う盗聴法大改悪」
質疑  
発言 今井恭平さん(密告・盗聴反対!なくせ冤罪3・20集会実行委員会)  
   菱山南帆子さん(許すな!憲法改悪・市民連絡会)
新崎盛吾さん(新聞労連委員長)
   反住基ネット連絡会
■参加費 500円
■主催
盗聴法廃止ネットワーク
■協賛
「秘密保護法」廃止へ!実行委員会
■連絡先
盗聴法に反対する市民連絡会 090-2669-4219(久保)
東京共同法律事務所(海渡・中川) 03-3341-3133
日本国民救援会 03-5842-5842
反住基ネット連絡会 090-2302-4908(白石)
許すな!憲法改悪・市民連絡会 03-3221-4668

      盗聴・管理社会はゴメンだ!

2015年1月15日(木) 沖縄県議団上京緊急集会

沖縄・辺野古基地を巡る安倍政権の暴走、阻止!
超党派沖縄県議団が、急遽、明日、上京します。

選挙の民意を無視して、沖縄県・知事への冷遇,
予算請求額削減、新基地工事強行の動きの中、
緊急に東京報告集会が開催されることになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
止めよう辺野古新基地建設実行委員会 沖縄県議会議員団
東京報告集会
日時:2015年1月15日(木)18:00開場 18:30開会 20:00終了予定
会場:連合会館2階大会議室(千代田区神田駿河台3-2-11)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加予約申し込み不要です。(集会内容は、ファイルをご覧下さい)

ぜひ、皆さま駆けつけてください。
ご参加をお願いします。

2015月1月12日(月) 希望のまち東京in東部・成人式シール投票

希望のまち東京in東部・成人式シール投票
成人式の日に新成人を対象に選挙をテーマにシール投票を実施します。わたかつ(私達の街頭活動チーム)とコラボで実施します。ツイキャス中継予定です(@hirokazu867)。
日時:2015年1月12日午後1時開始、午後3時頃終了予定

2015年1月11日(日) 希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会

希望のまち東京in東部・生活保護切り下げ問題勉強会
希望のまち東京in東部は生活保護切り下げ問題勉強会を開催します。生活扶助費が2013年8月から切り下げられています。これは物価の下落を根拠としていますが、厚生労働省が作成した特殊消費者物価指数(生活扶助相当CPI)は、いくつも妥当でない操作を繰り返して作られたものであり、「生活扶助費切り下げのためにだけ考え出された方式」と批判しています。たとえば電気・デジタル製品は大きく価格が下落しておりますが、生活保護世帯の支出割合は極めて小さいものです。電気・デジタル製品の価格下落を根拠に物価下落を論じることは公正ではないと言えます。
日時:2015年1月11日(日)午後1時〜4時
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
講師:秋津那美子氏
文献:秋津那美子「生活扶助費切り下げと特殊消費者物価指数——「生活扶助相当CPI」の批判的分析」
http://sekaitohito.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/cpi10-e6db.html
参加費(資料代):300円。

2015年1月15日(木) 希望のまち東京in東部 第34回市民カフェ「スコットランドの住民投票」

希望のまち東京in東部「スコットランドの住民投票」
希望のまち東京in東部第34回市民カフェ
「スコットランドの住民投票」(大芝健太郎)
希望のまち東京in東部第34回市民カフェは「スコットランドの住民投票」と題し、講師を招く勉強会方式で開催します。スコットランド住民投票を取材したジャーナリスト・大芝健太郎氏がスコットランドの住民投票を中心に直接民主主義の魅力を語ります。
大阪都構想の是非を問う住民投票が浮上し、住民投票が改めてクローズアップされています。この大阪都構想の住民投票によって住民投票をめぐる議論は混迷を深めています。住民投票実施には賛成しますが、内容には反対という政治勢力があります。また、東京都小平市の都道建設計画見直しを問う住民投票や原発都民投票には賛成しますが、大阪都構想の住民投票には反対という人々も少なくありません。そこで住民投票について考えたいと思います。
日時:2015年1月15日(木)午後6時30分〜8時30分
場所:希望のまち東京in東部事務所
住所:江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室(1階がお寿司屋さんの建物の2階です)
最寄駅:東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分
参加費:300円。カンパ大歓迎。
http://www.hayariki.net/tobu/

2015年1月4日(日) 21:00〜 IWJ: 函館市長 門前払いの国と電源開発を痛烈批判〜大間原発建設差し止め訴訟 第1回口頭弁論後の記者会見

IWJ:【年末年始再配信・Ch5】1月4日(日)21時から
函館市長、門前払いの国と電源開発を痛烈批判〜大間原発建設差し止め訴訟 第1回口頭弁論後の記者会見」を再配信します。Ch5 →
http://bit.ly/1ieBen0

2015年1月4日(日) 希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票

希望のまち東京in東部・門前仲町シール投票
成人式シール投票のプレ企画として選挙をテーマにシール投票を実施します。
日時:2015年1月4日(日)13時開始15時終了
場所:富岡八幡宮前(永代通り沿い)
営団地下鉄東西線・都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅
http://www.hayariki.net/tobu/

2014年12月22日(月)〜27日(土) 福島菊次郎 全写真展

http://hmw.or.jp/~fukushima/
反骨の報道写真家・福島菊次郎さん(93歳)の真実の記録と不屈の精神が多摩に集結!
不穏な時代に抗する、その魂の軌跡に学び、真の市民世紀の創造へ、いま!
これが本当に最後の機会となりそうです。
どうかご来場ください!
福島菊次郎 全写真展
a.. 日程:2014年12月22日(月)~ 27日(土)
b.. 時刻:10:00 ~ 20:00 *最終日(27日)は18:00まで
c.. 会場:パルテノン多摩展示室
小田急多摩センター駅・京王多摩センター駅・多摩モノレール多摩センター駅 徒歩5分
d.. 入場料:無料
講演会『93歳のラストメッセージ』
a.. 日程:2014年12月27日(土)
b.. 時刻:12:00開場 13:00開演 ~ 16:00
c.. 会場:パルテノン多摩大ホール
小田急多摩センター駅・京王多摩センター駅・多摩モノレール多摩センター駅 徒歩5分
d.. 入場料:1,000円(先着順・当日券のみ/10:00amより入場整理券配布)
e.. ゲスト:アーサー・ビナード(詩人)

福島菊次郎全写真展のご案内

年末でお忙しいことと存じますが、この時期(12月22日~27日)に

2014年12月29日(月) 希望のまち東京in東部TV第18回

希望のまち東京in東部TV第18回
日時:2014年12月29日(月)午後10時〜10時30分
新しいせたがやをめざす会「区政の現状と課題を考える懇談会Part2」(2012年10月27日)から中村重美氏(事務局)の状況説明をお送りします。中村氏は保坂展人・世田谷区政では再生可能エネルギーの活用促進など区民の願いに沿った運営の萌芽が随所に見られるが、利用者負担の見直しは熊本哲之前区長時代の指針を踏まえたものと指摘しました。保坂区政前期に開催された集会は、保坂区政の振り返りになります。
http://www.hayariki.net/tobu/ktttv.html

おまけ映像です。
2014年衆院選・青木愛・王子駅練り歩き
2014年衆院選の選挙運動最終日となる2014年12月13日、青木愛・東京12区候補(生活の党)が「最後のお願い」として、JR京浜東北線王子駅から北とぴあ周辺を練り歩きました(7分38秒)。希望のまち東京in東部TV撮影。
http://youtu.be/wrHSGOJ_Hfk

2015年1月27日(火) ■第73回 VIDEO ACT! 上映会■

==============================
■ 第73回 VIDEO ACT! 上映会 ■
~日本軍による性暴力被害~
http://www.videoact.jp
http://videoact.seesaa.net/
==============================
■2015年1月27日(火)19時より

アジア太平洋戦争から70年。
安倍政権の下、慰安婦の軍関与を認めた
「河野談話」の見直しが言われている今、
日本軍の性暴力被害に関する映像作品、2本を上映する。

【上映作品】
『生きている間に語りたかった~元「慰安婦」6人の証言~』(1993年・2014年改訂/日本/30分)
『大娘(ダーニャン)たちの闘いは続く~日本軍性暴力パネル展のあゆみ~』(2013年/日本/29分)

(1) 『生きている間に語りたかった~元「慰安婦」6人の証言~』
(1993年・2014年改訂/日本/30分)
企画・取材・構成:ビデオプレス

■解説
1992年12月9日に東京で開催された「日本の戦後補償に関する国際公聴会」。
ここに各国の戦争被害者が集まり、日本軍の戦争犯罪が明らかにされた。
本作品は、とくに元慰安婦6人の実態を証言を軸に再編集した。

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer