jtgtさんのブログ

2013年1月26日(土) 鳳舞衣子浪曲の会のご案内

いつも月1原発映画祭を行っている谷中の家で、2013年1月26日(土) 鳳舞衣子浪曲の会が行われます。

2013年 谷中の家 桧舞台
鳳舞衣子 浪曲の会

下町ゆかりの浪曲を木造民家で聴きます。
入場料 500円 ケーキ付き ワインと鍋 500円+カンパ
2013年1月26日(土) 17:30開演(入場17:00)
台東区谷中3-16-11 谷中の家
出演=鳳 舞衣子
曲師=青山 理
*鳳 舞衣子=1994年デビュー 新潟県新発田市出身 本名-磯部久子

★プログラム
17:30〜18:00 団十郎と亀甲紋 *藤堂藩(津)の地域おこしと広告の原点
18:00〜18:30 解説とティーブレイク&ケーキ
18:30〜19:00 稲川次郎吉 *関取と浅草火消し・新門辰吾郎の交流
19:30〜20:30 ワイン&鍋とトーク

問い合わせ・申し込み=090-9492-0075 (先着30名)

福島県鮫川村に放射性廃棄物を焼却する実証実験施設が建設されようとしています。

環境省は、福島県の鮫川村に放射性廃棄物を焼却する実証実験施設の建設を強引に進めています。
この施設で、8000Bq/kg以上という放射性廃棄物28トンを来月から平成26年9月まで焼却する計画です。
※恐ろしいことに、この小型施設には僅か6mほどの煙突もついています。

8000Bq/kgは、焼却灰になると更に濃縮され50万〜200万Bqになるとのことです。
環境省は、それらはバグフィルターに付着し、またコンクリートで固めるから漏れない、と子供騙しのような話をしていますが、過去に東電や原子炉メーカーが多額の費用をかけてこの実験をするも成功例はまだありません。

この実験焼却が成功すればモデルケースになると、鮫川村の年老いた村長に囃し立てております。
村長及び地権者だけはそれに乗っかり村は二分されてしまっています。

そしてこの施設の真下にはいわき市や北茨城市の水道水源である四時川の源流があり、仮に実験施設から放射性物質が漏れ出せば、いわき市の水道水源や空気が汚染され、住民の健康が著しく害される危険性が高いのにも関わらず、環境省からは一切の説明が成されていません。
それどころか建設地の鮫川村の村民に行われた説明会すら、何と工事の着工11月15日から一カ月以上も過ぎた12月25日でした。

2013年1月19日(土) 上映会-福島の高校生による劇とドキュメントのご案内

■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□

 上映会-福島の高校生による劇とドキュメント

■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□
 
 早々と「冷温停止」宣言が出され、帰還が促され復興の掛け声が強調されている一方、福島第一原発では現在もなお毎時1000万ベクレル=1日2億4000万ベクレル(東京電力発表)の放射能が放出され、今なお放射線管理区域以上の環境の中で子どもたちも暮らしています。

 福島第1原発から45キロほどの福島県立相馬高等学校。

 放射能の拡散により政府によって当初設定された緊急時避難準備区域30キロ圏を少し離れた地区のこの学校に通う高校生たちが、放送局での演劇活動を通して、今、伝えたいことを表現しています。

 震災・津波により肉親を、あるいは友人を、そして住む場所を奪われた生徒もいます。放射能の不安やいわれなき差別に苦しみ、大人たちの都合に翻弄され国に見放され、切り捨てられようとする現実の中から、「私たちの声を聞いて」と訴えます。

 中学校の卒業式の日に3・11東日本大震災に遭い、相馬高校に進学した彼女たちはこれまで、福島の高校生たちの生々しいまでの「今」を、演劇・ラジオドキュメント・ラジオドラマ・テレビドキュメントなどにまとめています。

2013年1月19日「小出裕章 vs 小林泰彦 放射線対策と原発の明日について講演&討論」のご案内

ついに実現!
ホットスポット柏で、小出裕章 vs 小林泰彦の討論の火花が散る!
放射線対策と原発の明日について講演&討論。
電気の消費地であり被災地である、ここ東葛地域でのまっ当な
放射線対策とは?私たちはこれからどのように生きていくの?
共に考えましょう!

ゲスト:
小出裕章さん
京都大学原子炉実験所 助教
原子核物理学、放性物質の環境動態の研究
著書「隠される原子力・核の真実 原子力の専門家が原発に反対するわけ」など多数

小林泰彦さん
独立行政法人日本原子力研究開発機構
量子ビーム応用研究所部門研究主席 放射線生物学
重粒子線による細胞照射効果とバイスタンダー効果の研究

日時:
1月19日(土)19:00〜21:30 (開場18:00)

会場:
柏市民文化会館 大ホール
会場TEL 04-7164-9141

http://twipla.jp/events/35010  
チケット入手方法:郵便振り込み
以下の書店などでもチケットを入手することが可能です。
東口スカイプラザB1 浅野書店 10時~20時 電話 7164-2040
郵便局本店向い着物店裏 ハックルベリーブックス 7100-8946
松葉町 松葉中隣2F アーシアン 11時半~18時 7133-3930 日休

アクセス:

2013年2月2日(土) 住民投票フォーラムのご案内

「住民投票フォーラム」を開催いたします
日 時:2月2日(土)13:30-15:30
会 場:千駄ヶ谷区民会館 (千代田線 明治神宮前駅 徒歩8分、原宿駅徒歩10分)
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_sendagaya.html

内容:住民投票フォーラム

選挙は候補者・政党をえらびます。
住民投票はみんなの生活にかかわる1つの問題だけをみんなで考えてきめます。
2012年11月、「原発」都民投票の会は東京都議会に住民投票条例の制定を求めて陳情を提出しました。陳情の意義、そして条例制定への道筋をみんなで学びます。

講師:福嶋浩彦氏(中央学院大学教授・元消費者庁長官、元我孫子市長)
我孫子市長当時に実施必至型の住民投票条例を制定。地方自治における住民投票条例の本質、制度設計、議会との関係などについてお話しいただきます。
パネル
しのづか元氏:東京都議(南多摩選出)
多摩市は現市長が住民投票条例制定を公約に掲げて当選、しかし現在委員会は開店休業の様子。市長選にかかわった都議から住民投票に関するお話をお聞きします。

2013年1月7日に福島第1原子力発電所で爆発?

2013年1月7日に福島第1原子力発電所で爆発が起きた模様。

詳しくはTBS/JNNの次の早回しの動画を見てください。
1分45秒すぎに2号機と3号機の間で爆発と同時に黒煙が上がっています。

次の定時降下物環境放射能測定結果 第379報を見ると、1月6日〜1月7日にかけての線量が急増しています。
http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu379.pdf

2013年1月5日(土) 第9回「ネコマチッタ物語&げんぱつかるた大会」~月1原発映画祭のご報告~

第9回 「ネコマチッタ物語&げんぱつかるた大会」~月1原発映画祭のご報告~

2013年になって最初の映画祭が、1月5日、いつもの谷中の家で開催されました。今回は昼の部のみ。そのうち、第1部が上映、第2部がかるた大会でした。
      ☆☆☆☆☆
第1部は、30人ほどで短編映画「ネコマチッタ物語」を見ました。
今は平和なネコマチッタで、郵便配達のお手伝いをしている主人公のウォルナット君。手紙を届けるなかで、15年前に町に起こったことを知ります。それは「スーパーニャントリウム発電」と関係がありました。

ネコマチッタで起きた、ちょっとほろ苦くて忘れちゃいけないそんな過去のお話。
「本当の豊かさとは?」「大切なこととは?」勇気と英知で新しい扉を開いた猫達の話。

                            (パンフレットより)

登場するのは、木の猫の人形(ウッドール)たち。とてもかわいい、ユーモアあふれる作品で大人も思わず笑顔になってしまいます。でもそれだけではありません。ネコマチッタ町議会の様子、スーパーニャントリウムによって変わっていく町、そして事件と、猫たちの選んだ道・・・ご覧になった方は今の日本の状況にあてはめずにはいられないと思います。 http://www.nekomacitta.com/(映画HP)

第10回 月1原発映画祭+交流カフェのご案内

第10回 月1原発映画祭+交流カフェのご案内

2月2日(土)、津軽から加藤鉄監督を迎えて

「フクシマからの風」「田神有楽」一挙上映!

案内ちらし(PDF)

加藤鉄監督は1995年から4年間、青森県六ヶ所村に通い、
核燃施設に土地を売らずに稲を作り続ける老人、小泉金吾さんに出会いました。
その生き方に惹かれて「田神有楽」を撮り、ついには隣町に移住、
ひとり畑づくりの生活に飛び込みます。
そして福島第1原発事故。加藤さんは1か月半後に福島に入り、
村の人たちとの出会いから「フクシマからの風」が生まれました。
この機会にぜひご鑑賞ください。
上映後の交流カフェでは作品に込められた加藤監督の想いとあわせて
現在の青森の状況などもうかがえることと思います。

※この上映会はJAZZ喫茶「映画館」と「月1原発映画祭」の共同企画として実現しました。
前夜の2/1にはJAZZ喫茶「映画館」にて「フクシマからの風」上映会+トークセッションがあります。
詳しくはこちらの案内をご覧ください。


【昼の部】

13:00開場
13:30〜15:10『フクシマからの風——第1章 喪失あるいは蛍』上映

福島県飯舘村と川内村で、原発事故後も村に残り、
山野の自然とつながった暮らしを淡々と続けている人びとを描いた映画です。
裏山で山菜や薬草の研究を続ける仙人のような老人、
妻を亡くして山奥にひとり住むどぶろくづくりの名人、
70年代からつづく共同体の村に残り養鶏を営む夫婦など、
ここに描かれるのは、変化へと勇気をもって一歩踏み出していこうとする人びと。
3.11以後の人生の静かなドラマを寄り添うように記録しながら
フクシマ原発事故の問題を、人間が生きていくという原点から見つめます。
(2011年/100分 http://fukushima.xrea.jp/)

15:20〜16:30 交流カフェ


【夜の部】

17:00開場 
17:30〜19:25『田神有楽——下北半島/六ヶ所村』上映

青森県六ヶ所村の「核燃料サイクル施設」は、
ウラン濃縮工場、高レベル放射性廃棄物貯蔵施設、
再処理工場などを合わせ持つ世界最大規模の原子力施設。
この映画は、1995年4月にフランスから初めて高レベル放射能廃棄物が
六ヶ所村に搬入されてから3年半にわたって、
揺れに揺れる村の出来事を記録する一方、
ただ一人、土地を売らず、神社を守り、森を守り、
稲を育て続ける小泉金吾さんの姿を丹念に追い、その魂に迫ります。
(2002年/113分 http://www.minipara.com/movies2002-4th/denshin/)

19:35〜20:40 交流カフェ


◎加藤哲監督プロフィール◎
1951年生まれ。学生時代より映画を作り始め、
初監督作は8mmのPFF入選作品『愛していると言ってくれ』(1980)。
16mmの『寓話・伝令』(1983)はオーストリア・ブルーデンツ国際映画祭監督賞受賞。
脚本も担当した『グッドバイ』(1989)はATG映画脚本奨励賞を受賞。
『ただひとたびの人』(1993)ではトリノ国際映画祭審査員特別賞を受賞。
『田神有楽』は初のドキュメンタリー映画。
※劇映画作品については「加藤哲」の名前で発表。

■参加費:500円+交流カフェ参加の方は飲食代として
昼の部は200円〜、夜の部は500円〜カンパをお願いします。

■会場:谷中の家(台東区谷中3-17-11)
 メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
 よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。

■定員:各30人(要予約)

■申込み方法:以下のいずれかの方法で必ず予約をしてください。
1.ひがし広場のHP(http://www.jtgt.info/) の下記申込フォームから
【昼の部】
【夜の部】
2.メール masa5884★y8.dion.ne.jp 
↑ ★を@に読み替えてください。件名を「月1原発映画祭申込み」としてください
3.電話 050-3059-6328(小林)
※キャンセルされる場合はご連絡をお願いいたします。



大きな地図で見る

2月1日(金)19:00〜「フクシマからの風」@JAZZ喫茶「映画館」

※2月1日(金)19:00〜
「フクシマからの風」@JAZZ喫茶「映画館」
ゲスト 加藤鉄監督
    田中じゅうこう監督(「ムーランルージュの青春」)
    福間雄三監督(「女生徒・1936」「私の青空・終戦63」)
上映後、加藤監督を囲んでお客様との質疑応答
その後、 監督3氏によるトークセッション
「200万円で誰でも映画が撮れる時代になっています。
そんなフリーシネマ派がミニシアターを今占めて来ていてること。
その分内容が吟味されてない、ここから新しい波が出て来るか等々」
■木戸銭¥500+ドリンクオーダー御願いします。
■会場:JAZZ喫茶「映画館」(文京区白山5-33-19) 
http://www6.ocn.ne.jp/‾eigakan/
■問い合わせ 03-3811-8932  

1月13日(日) 「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」上映会のご案内

「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」

【完成記念上映会のご案内】
 2013年1月13日(日) 東京・表参道
 1回目:10時半開場 11時上映開始/2回目:13時半開場 14時上映開始
 会場:東京ウィメンズプラザ
 主催:映像グループ ローポジション
 入場料:予約なし当日受付のみ 一般1500円 シニア・高校生以下
 障害手帳をお持ちの方1000円
【作品紹介】
 大津波に襲われた宮城県石巻市。
 原発事故に翻弄されつづける福島県。
 東日本大震災では犬や猫、牛などの動物たちも被災しました。
 動物たちが伝える無言の声、その声に耳を澄まし動きだす人々。
 別れ、再びめぐり逢ういのちといのち。
 動物たちと人々が過ごした3・11からの500日を見つめます。
 宮城県出身の若手監督宍戸大裕が震災下を生きぬく動物たちと人々に迫りま
す。
 http://www.daifilm.com/animal.html

 監督・撮影・編集 :宍戸大裕
 プロデューサー  :飯田基晴
 製作:      :映像グループ ローポジション

この映画の中では犬猫に餌を配給するために警戒区域に入る人々、仮設住宅か

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer